FC2ブログ
古めのロック(HM/HR)、社会、文化等に関するコラム。日常徒然記録(無双とか本について)もアリ。

Positive Resonance Society & Culture Colums

最強クリアーハイトーンヴォーカルを武器に:TNT"Everyone's a Star" | main | 今週のヘビメタさん(やっぱ、メイデンっていいじゃん!)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ユナイテッド・ネイションズとは・・衝撃的タイトル:KEEL"United Nations"
 以前、LAメタル四天王の内、ライヴが個人的に最高に思えたというのがこのKEEL.Steelerのヴォーカルでもあったロン・キール主導のバンドについては,以前書いたとおり。そして、もう8月で24時間TVがあるなあ・・そういえば、あの番組で国連でKEELが歌った”United Nations”・・!と、思い出して、今回は、この曲を。写真は、その録画ビデオをパチリと撮ったもの。1987年くらい?


keel1.jpg


keel2.jpg





本当はロックアンセムのつもりなのだろうが、なにせ、曲名が曲名だ。直訳してしまえば、ユナイテッド・ネイションズ=国際連合!・・・いいのか、それで~・・・。KEELのロックアンセムは、アルバムKEELの中では、"King of Rock"もあるが、別のアルバムでは、アルバムタイトルの”The right to rock”がメジャー(?)なところだろう。他にも、ロックアンセム狙っているのかなー・・と思える曲があるが。そうしなくとも、KEELの楽曲はノリの良いLAメタルで、耳に残る物ばかりなのだから、多過ぎのロックアンセム風味の曲よりも、RATT位多種多様な歌詞をつけるなどのこだわりがあると、より凄いものになったかもしれないのになあ・・と、少し思う。いや、もしかすると、この当時の流行りだったのか・・、LEPPSのPYROMANIAにもROCK!ROCK!とRock of Ages、2曲のロックアンセム的なものがあるし。

 というわけで、今回は、名曲三昧のアルバムKEELのファーストトラック、ユナイテッド・ネイションズを、国際連合とは訳さずに、亜流和訳・解釈。毎度の通り、いいかげんさには、目をつぶってください。

~~~~~~~~
United Nations / KEEL


俺達は新世代の人間で、
インスピレーションも有る。
だから強く感じ、ニュースを広げてる。

全ての国の若者は、宣誓するだろう。
これが俺達の選んだ生き方だと。

一緒にロックしよう。
永遠にロールしよう。
そして、いつか、
コントロールする為に、立ちあがる。


    俺達はユナイテッド・ネイションズ。
        ロックンロールの旗の下。
    俺達はユナイテッド・ネイションズ。
        繋がって立ちあがる。


俺達は同じフラストレーションを感じてる。
その状況下で変化しよう。
つまりは、楽しみの為の全て、全ての為の楽しみ。


差別など皆無。
ロックは全ての国の為のもの。
心の若さは、不滅だ。


死ぬまで、拳を挙げよう。
全ての国の子供達へと。
いつか・・もうすぐ、
主導権をとるために、俺達は立ちあがる。



    俺達はユナイテッド・ネイションズ。
        ロックンロールの旗の下。
    俺達はユナイテッド・ネイションズ。
        繋がって立ちあがる。


repeat chorus
~~~~~~~~

 KEELをLAメタル四天王と書いたのも、この24時間テレビでのテロップにあったから(笑)。また、デイヴ・スペクター氏のインタビューによると、「ユナイテッドネイションズ(国連・・?)」の曲を書いたのは、世界ツアーで多くの若い人達にアピールする事がわかったからとか・・、そうか・・。

keel3.jpg


 次回は、TNTかRATT,Helloween,またはGuns n' Roses("Welcome to the Jungle", "Paradise city", "Think about you", "Sweet Child o' Mine", "Rocket Queen"どれにしようかなー。)あたり。と言いつつ、また,予告はずしだったら、面目ない。
スポンサーサイト
| Keel | 18:26 | トラックバック:0コメント:8
コメント
KEELのこの曲、大好きでした!

どこかに、この英語の歌詞、落ちてないですかね?
2008.10.29 Wed 01:10 | URL | harry
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.10.29 Wed 01:23 | |
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.10.29 Wed 03:15 | |
>harryさん。
コメントありがとうございます!
いい曲ですよねー!
キャッチーですし、馴染めますよね!

英語の歌詞は、
Keel United Nations Lyricsで、google検索すると
出て来ますよー、ご参考まで♪
2008.10.29 Wed 03:18 | URL | ROKI
英語の歌詞、検索できました!

ありがとうございました!
2008.10.29 Wed 18:56 | URL | harry
>harryさん。
どういたしましてー!!
検索できたとのこと、よかったです☆(^^)
2008.10.29 Wed 18:59 | URL | ROKI
この曲の、まさにデーブさんの司会の番組、Ron KeelのThe Ultimate Video Collectionという、2005年までの20年間の仕事をまとめたビデオ集に入ってました。
なんか、あまりにノスタルジックで、思わずRon Keelのオフィスに直接注文して買ってしまったのでした。
10代の時に聴いてた音楽って、今聴くと吹き出しそうなものも多いんですが、昔の自分を見る様で、懐かしいですね。
2010.06.12 Sat 23:34 | URL | ことり
>ことりさん
ことりさん、こんにちは。
ビデオ集があったのですね!入っていたのですね!
オフィスに直接注文!そうでしたか!
昔好きだったものって、ほんとうに懐かしいですよね。
同じ気持ちになることあります(^^)!
2010.06.13 Sun 09:05 | URL | ROKI
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://p1r1.blog6.fc2.com/tb.php/71-64c440cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

フリーエリア

にほんブログ村 音楽ブログへクリックして下さると有り難いです

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

ROKI

  • Author:ROKI
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。