古めのロック(HM/HR)、社会、文化等に関するコラム。日常徒然記録(無双とか本について)もアリ。

Positive Resonance Society & Culture Colums

Bon Jovi"In these Arms" | main | Foreigner"Waiting for a Gilr Like You"
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Rainbow"Can't let you go"恋の終わりを感じる曲。
この前、アナログからCDに・・と、買いなおした、Bent out of Shape収録の曲「Can't let you go」.CDに対訳が入っていると思ったら・・、ないじゃないかっ!!!・・・そこで、いつものように、自己流いいかげん和訳をすることに・・・。一応、中に入っていた、リリック見て・・。だが、一部、歌と歌詞で、違っていたのがあったので、そこは、ジョー・リン・ターナーの声(歌)を信じて、そっちを採用。

恋の終わりの痛みを感じる歌ですね・・。


~~~~~~~~~~~
Rainbow"Can't let you go"


日ごとに、君が居なくなる事に気づきながら目を覚ます。
夜ごとに、心のうちの、空虚さと闘えなくなってきている。

言える事等、もう無いのだろうか。
今や、君は俺に背を向け、去り行くと判っているのだから。
君は、何か偽っているようだけど、
隠す必要などないんだよ。
だって、今夜、君の目を見れば、真実がわかるんだから。



嘘をついて生きていきたくなどないが、
別れを告げたくもないんだ。
全て終わっていても、君を手放せない。
ただ、君を行かせられない。
君の愛は、冷えていっているというのに。



俺の瞳を見れば判ることだろう、
君の心は、もう君の手の中のものであると。
もっと、何か教えてくれないか?
俺達は、どこで間違ってしまったんだ?


喧嘩などしたくないよ。
俺がしたいのは、理解しあうことなんだ。
俺の気持ちは君に届いているのに、baby.
俺は何ができる?
長い間、心に抱いてきたよ。
だから、嘘をついて生きたりはしたくないんだ。
君を手放せない。
愛が終わっていたとしても、
ただ、君を行かせられないんだ。
君の愛が、冷えていくのは感じてるけれど。



偽りの人生は送れない。
だが、別れも告げられやしない。
君に、俺のそばに、居てほしいんだ。
だから、君を行かせたくない。

愛が終わっていようとも、
君を、今、手放したりできないんだ。
君の愛が、冷えていくのは感じるけれど、
君を行かせることができないよ、全てが終わっていようとも。



~~~~~~~~~~~
焼酎飲みながら、ぼそぼそ口ずさみ、ほろりほろりと泣けてきそうだ。
ほろ酔いで和訳して、見直しもしないで出してる雑さ!!・・許しておくんなさい。
ジョー・リン・ターナーの力強いヴォーカルと、叙情的なリッチーのソロ、そして、イントロのローゼンサルのパイプオルガン?キーボード?が・・すばらしいっ!!
この曲、本当に好きだよー。


あと、Street of Dreamsも好きだな☆ このアルバムで。


自分の中での、レインボウの一番好きなアルバムかもしれない。


音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Rainbow | 22:51 | トラックバック:0コメント:1
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.04.06 Thu 00:13 | |
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://p1r1.blog6.fc2.com/tb.php/238-3870ffc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

フリーエリア

にほんブログ村 音楽ブログへクリックして下さると有り難いです

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

ROKI

  • Author:ROKI
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。