古めのロック(HM/HR)、社会、文化等に関するコラム。日常徒然記録(無双とか本について)もアリ。

Positive Resonance Society & Culture Colums

バトン。とうとう、これに答える時が・・。汗。 | main | 喜びも悲しみも全部~♪&今年の目標。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Yes "Heart of the Sunrise":ダブルリクなのに玉砕。
リクにおこたえ、第3弾。"Heart of the Sunrise"「こわれもの」の名曲ですねー。なんと、ダブル・リク!!しかも、常々尊敬の念を自分は抱いていて・・、且つリアルでお世話になっている方々からなのだから、真剣に頑張らないと・・と思いつつ、再び玉砕旋風。



頂いた資料によると1972年の作品なのですねー、『Fragile(こわれもの)』.71年と思っていたけど、少しずれがあるのかな。『Close To The Edge(危機)』(72年)も名盤として有名ですよネ。


さて、その『Fragile(こわれもの)』収録曲は
Roundabout
Cans and Brahms
We Have Heaven
South Side of the Sky
Five Per Cent for Nothing
Long Distance Runaround
The Fish (Schindleria Praematurus)
Mood For a Day
Heart of the Sunrise

自分はラウンドアバウトがキャッチ-で旋律も綺麗で好きだったかなー(この前アンダーソンのような歌声を聴かせて頂いたりしたんですよー、やはり上手い方は、何を歌わせても上手い!と感慨ヒトシオでした、余談。)。クリス・スクワイヤーのベースが、妙に良い味を出しているんじゃなかったっけね・・とか、気になったり、最近よく教えていただき要チェック状態ビル・ブラッフォードも凄かったんだよね-?と思って、もう1度聴き返したくなったり。(や、詳しくないんで、つっこまないでくださいね。ホント、浅くしかわからないのですー・・これから勉強。)。手元にないので、聴けば思い出せる・・というくらいで、感想書けないのが情けないっす・・。今度、入手し直さないとね・・。うん、天使の歌声と伺ったジョン・アンダーソン・・、若い頃の声を聴き直したい!スティーヴ・ハウのGとか、リック・ウェイクマンのKeyもちゃんと意識してしっかり聴いてみたいなあ・・。



さて、今回こそ、あやしさ・自己流・ワケわからなさ炸裂。もう・・自分ってなんなんだい!?と、ガックリしてしまうのですけれどねー。
「ちっ、ROKIってそんな程度かよ、やっぱりだ!」と、リク下さったK様(S様でいいでしょうか?!)、T様ご両人ともども、思ってくださいー・・めそめそ。ああ、「バイバイ!もう来ない!」とか、そんな声すら聞こえます。やばいやばいー!許しておくんなせー。邦題「燃える朝やけ」だそうですが・・、な・何故なの??んー・・ほんの少しわかるような気もしなくもないけれど・・、微妙です・・。

~~~~~~~~
"Heart of the Sunrise" Yes
Anderson/Squire/Bruford



愛が訪れ、貴方はそれを追う。
陽昇の如き心では、失い続けてしまうのに。
鋭い・・距離・・。
風はその腕で、私を全て包む事が、どうして出来ようか。


波で惑い、それから後も、
陽昇の如き心では、夢見続ける。
鋭利な・・距離・・。
風はこんなにも、私を包む事が、どうして出来ようか?
街で迷う私を。


貴方は急ぎ過ぎるから、人の目にとまらないんだ。
皆が決意して壊した絆を数えて。
愛が訪れると、それから後も、
陽昇の如き心では、夢見続ける。
波に迷っても、貴方は夢見ている。
陽昇の如き心の表層で、夢見続ける。
SHARP-DISTSNCE


風はその腕で、私を全て包む事が、どうして出来ようか。
鋭い・・距離・・。

風はこんなにも、私を包む事が、どうして出来ようか?
街で迷ったような気がするのに。


貴方は焦り過ぎるから、誰の目にも留まらない。
切ろうと決められ、壊された絆を数えてるのか。


真っ直ぐな光は、動き、また動き。
色の鮮明さは、陽光の如く。
真っ直ぐな光は、その歌の意味を探してる。
歌われる全ての言葉に繋がるのは、
物語の長いラストの論じ方。
夢見る者よ、貴方に合う椅子に腰掛けてくつろいで・・。


愛が訪れると、それから後も、
陽昇の如き心で、夢見続ける。

*repeat

~~~~~~~~
「こわれもの」は・・、ものしらずの10代の自分に、「It Bitesを聴いてるんなら、プログレのイロハは知っとくべき。」と、昔々その昔、教えて頂き・・、古いものからプログレの大御所(?)有名ドコロを・・、UK, Rush, Genesis, King Crimson, Yes・・・と・・少しずつ。もっともっと、自分が努力していたら、その時期に・・とか、考えるのです。そうさ!そうなら、メタル畑に進まなかったぞ!!(←嘘をつけ!!当時からどっぷりだっ
たくせに!!爆)


・・・いちおう・・、英語を扱いながらお給料を頂いてるってのに、ダメだねー。わかんないもんねー。意味の深い歌詞なのだと思うのだけど・・、結構よくあるメタルやハードロックのラヴソング(それはそれで良いものが多いんだけど)とは違った趣で、詩的で難しいのです。ごめんなさいを、何度も繰り返してしまいたいです、ヘタクソ過ぎてごめんなさいっ!!!


次はガンズを予定。だけど、遅くなったり,別の事をしたりしたら、ごめんなさーい!


音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ クリックして下さると有り難いです

スポンサーサイト

テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

| Yes | 00:00 | トラックバック:0コメント:1
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.02.08 Wed 22:47 | |
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://p1r1.blog6.fc2.com/tb.php/210-6d732434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

フリーエリア

にほんブログ村 音楽ブログへクリックして下さると有り難いです

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

ROKI

  • Author:ROKI
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。