FC2ブログ
古めのロック(HM/HR)、社会、文化等に関するコラム。日常徒然記録(無双とか本について)もアリ。

Positive Resonance Society & Culture Colums

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
Black Sabbath "War Pigs"
本日はブラック・サバス.一番好きになってしまった曲「War Pigs」を紹介させていただきたい。お恥ずかしいのだが、自分はオジーのベスト「The Ozzman Cometh」でこれを聴いた程度で、大元になるアルバムは所有していない。「Paranoid」と同じ時代だろう・・とちらりと調べてみたら、やはりそうだった・・(ほっ)。70年発表の"Paranoid"に収録であるとのこと。他の収録曲も見てみると、「Iron Man」もあるではないか・・。なかなかに、サバスの名曲を含むアルバムだったわけだ・・と、少々驚いたりもする。80年になるまでは、固定メンバーG:Tony Iommi、Vo:Ozzy Osbourne、B:Geezer Butler、D:Bill Wardとのことだが・・、ディオ時代のジャケットの方が、私には印象深い・・。Heaven and Hellのジャケットはとても美しい。その後は・・やはりオジーもディオも抜けてから・・、ギーザーもいなくなって(ある時期ニール・マーレイだったのは・・なんだか色々な意味で「ほぉぉ・・」となる。)、そしてDrがヴィニー・アピスやエリック・シンガーに変わったり、コージーが頑張ってくれたり・・、とメンバーがガンガン変わる頃のサバスは印象が薄くて・・申し訳ない・・(でも、トニー・アイオミは、長い間バンドを保ってきてえらいぞ!!)。・・・というか、自分はサバスに全く詳しくないのが歯がゆいのだが。



うちのブログを、以前から読んでおられる方には、自分が一番好きなベーシストがギーザー・バトラーなのは周知であろうが・・、若かりし日のギーザーをもっと知りたくなる。オジーと80年代一緒にやっていたころのギーザーも、素晴らしくて、一気に虜になってしまったのだけれど。(重ねて申し上げるが、自分はオジーやサバスは詳しくないんですけどね・・。)

あと、やはり気になっているのは98年発表の「Reunion」というオリジナルメンバーの復活ライヴアルバム。ほんのちょっとでも、オリジナルメンバー復活したのなら、その時の音は聴いてみたいなあ・・。


さてさて、ブラック・サバスというと、わりとおどろおどろしいイメージが強かったのですが、このWar Pigsは、色合いが違うし、リリースから36年経つ今でも、新鮮な曲。ドロドロしてません、言ってみればコクはあるけど油っぽくない、後味すっきり豚骨ラーメンみたいな感じです。・・・ん・・、ちょっと違うか??・・内容も、時代的に、おっ・・そうきましたね・・!?な反戦ソング。だけど、くどくない、思いっきりグダグダ言うわけでなく、荒涼感と深みのあるムードが続くメロディと重厚感あるリズムとともに、歌詞もすんなり入ってくる感じで。重みと渋みと気だるさと・・、リフもメロディも強烈なインパクトを持った曲、・・・ともかく名曲。



~~~~



Black Sabbath "War Pigs"

将校達がミサに集まった、
まるで黒ミサの魔女達のように。
破壊をたくらむ邪悪な心。
死を作り上げる魔法使い。
其処で燃えている体躯。
戦争のマシーンは動き続ける。
人類に向けられる死と憎悪。
思考を停止した心を毒する、ああ神よ・・。


政治家達は身を遠くへ隠し、
ただ戦争を始めたのだ。
何故彼らは戦いの為に逃げ出したんだ?
彼らは全てを貧しい者へ残してくれよう。
Yeah!


時が権力者の心に教えてくれるだろう。
戦争を起こす事は唯の遊びだってことを。
人々を弄ぶのは、まるでチェスのポーンのよう。
審判の日が来るのを待とう・・。
Yeah!


今や暗闇の中で、世界は動きを止める。
灰は色あせ、体躯は燃え。
もはや戦争の豚どもが力を持つ事はないのだ。
神の手は時を打った。
審判の日、神が呼ぶ。


ひざまずき、戦争の豚どもが這いまわっているぜ、
奴らの罪への慈悲を請いながらな。
悪魔が嘲笑し、その翼を広げている。

ああ、神よ・・、Yeah!


~~~~~~~
毎度ながらの自己流和訳ですみません。
やはりねー、ベトナム戦争とかの時代背景からの曲なのかなあ・・・。
近代・現代史に疎くて、はっきりどうのとはいえないものの、当時出たという映画や音楽の根底に通じる何かを、この曲にも濃厚に感じました。






音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Black Sabbath | 16:35 | トラックバック:0コメント:8
大勝軒さん&フジヤマ第四回感想
★★つけ麺★★
taisyoken.jpg


こちらは、大勝軒さんの麺。仕事帰りに食した時にパチリと。
つけ麺(もりそば?!)、めっちゃ美味しかったです・・・!
太目のまっすぐ麺はボリューム満点!チャーシューも大きくて満足ー♪
初めてでした・・、あっさりすっきりなんだけど、スープしっかり飲みたくなるつけ麺☆
麺を食べ終わった後に「スープ割り」というのを頼んだのも初めて。
やー、美味しかったなあ・・・♪




★★ヘビメタさん風味?「フジヤマ」第4回視聴★★


昨日オンエアした内容を、公式さん(http://www.tv-tokyo.co.jp/fujiyama/back/index.html)からちょっとお借りしてきてしまった(ごめんなさいね。許してね。)

二〇〇六年四月二十四日

レギュラー:マーティ・フリードマン
KENNY GUY(鮎貝健)
SHELLY
ROLLY
ROCK忍者頼正(久武頼正)
#4ゲスト:大槻ケンヂ

オープニング (使用曲/アーティスト)
Let There Be Rock/AC/DC
21st Century Schizoid Man/King Crimson
FUJIYAMA GREATEST HITS
1 Starship Trooper/YES
2 Come On Eileen/Dexy's Midnight Runners
3 Coming Undone/KORN

ハナウタ湯
1 Detroit Rock City/KISS
2 Africa/TOTO
3 Achilles Last Stand/Led Zeppelin
マーティのロック・ミーツ・ザ・ライジングサン
♪悲しい酒/美空ひばり → 
     Children Of The Grave/Black Sabbath
     Starstruck/Rainbow

ロック百人一首
1 Love Gun/KISS
2 Burn/Deep Purple
3 I'll Supply The Love/TOTO
4 Anarchy In The U.K./Sex Pistols
5 Catch Your Train/Scorpions

Shelly's ロック語講座
American Idiot/Green Day

===========

最初に来ましたね、AC/DC!そして、21st Century Schizoid Man/King Crimson
あのメガデスのマーティの弾くクリムゾン・・、いいよねえ・・。驚きましたよ、私は。


Starship Trooper/YESも、この映像・・今見られるとは、貴重だねっ。
しかも、Heart of the Sunriseもマーティ・・やってくれたよねえ・・。私のツボにはまりましたよ。全曲やってくれてもよかったよねえ・・。

Detroit Rock City/KISSは、ファンには嬉しいところでしょう!7月の来日も楽しみだね。
Africa/TOTOは、どうですか?古き良き時代の香りが最高。

あれ、そうだ・・ナックのマイ・シャローナもよかったよねー!!かかって嬉しくなっちゃいましたよ、私はね!

そして、Led Zeppelinねえー。今度GWに、NHKBSでライヴとかやるって情報があるんですよ、これは、見ないとねえ・・!GWも仕事らしい私は、ひっそり録画予定ですよ・・ふふふ。

美空ひばりの歌が、Black SabbathとRainbowに変わっちゃうってのは、マーティならではの相変わらずの持論だね。納得させられちゃうんだけどね!やっぱり上手いからかな・・!

でもって、昨夜もう一度KISSかかっちゃうところは、あれですかね、ゲストさんの好み?それとも番組プロデューサーの好み?・・・真偽の程は定かでないものの、確かにあのジャケットは面白いよねー。TOTOが二回出てくるってのも、I'll Supply The Loveね・・!うん、なんとなく、そんな予感がするのは、私だけでしょうかー?

Anarchy In The U.K./Sex Pistolsもなつかしどころだろうねー、といいつつ、私はメガデスのカバーを聴いたくちなんで(うーん、「SO FAR, SO GOOD... SO WHAT!」よかったよねぇ。)、ピストルズも勉強しなきゃなんだけどね。

Catch Your Train/Scorpions、あのジャケットにはやられましたよ・・。色々彷彿とするものがあるよね!やー、懐かしい!!
MSGが来るんなら、スコーピオンズも見たいってのが、私の素直な願いだったりするんですが。

と、ちょっと雰囲気を変えて感想をお送りしました。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

| HR/HM等番組感想他 | 13:57 | トラックバック:0コメント:0
Judas Priest"Love Bites"etc
Deffenders of the Faithより、今日はラヴ・バイツを。
Def LeppardのLove Bitesとは異なる、また官能的で雄々しいムード溢れる名曲。
PVはこちらで無料で見られます。
ライヴはこちら。(ターボツアーの頃でしょうか?プリースト・ライヴから??ご存知の方教えてくださいねー。) グレンのコーラスうまい・・!!ソロは勿論、二人ともすばらしいな。


このアルバムは、Freewheel Burningのスピーディでへヴィなナンバーで始まり、そして息をつかせることなく、Jawbreakerで、さらにハードな印象をうえつけてくる。自分はRock Hard Ride Freeがかなり好きだ。そして、The Sentinelもすばらしい。少々聞き覚えのあるソロのムードはあるけれど、これがまた、ジューダスのかっこいいソロでもあり、好みだ。続くLove Bitesは圧巻。ミディアムテンポの重厚感ある名曲。ゆえに今回紹介に至った。
B面もSome Heads are gonna rollなどしびれる曲もあれば、Night comes downのような深みのある曲もあり、そしてHeavy Dutyといったメタルの真髄を叩き込んでくれる力強い曲もあり。続いていくラストチューンのDeffenders of the Faithでは、信念とは・・と考えさせられ、明日への力さえもたらされる感じだ。もちろん、Eat me aliveの疾走感も素晴らしい、メタリカに通じるものを感じさせられる。
ともかく、名盤。自分がジューダス大好きだと、実感させられた、捨て曲無しの逸品なのだ。

~~~~~~~~~~~
Judas Priest"Love Bites"

お前が安息を感じている時、
お前が暖かさを感じている時、
それは、俺が現れる時。
それは、俺が忍び寄る時。

霧の上を、音もなく滑り、
邪悪に満ちた
口付けを捧げる。


      真夜中に、愛が噛み付く。


深い眠りに落ちた
お前の部屋の中へと。
じっと横たわるお前に、
俺は忍び寄る。

その時、俺は、
お前の唇の近くへと身を落とす。
向こう側へと、体を屈め、
蜜を吸おうとすると、お前は微笑むんだ。

今や、お前は俺のもの。
俺の思い通り。
お前の命の味と、
魂を俺が手にしている。

やわらかにお前がうめき、
宙にある欲望は、
俺がうなると、目を覚ます。


      真夜中に、愛が痛みをもたらす。


愛は、お前に噛み付き、
お前を夜の饗宴に誘い、
お前を興奮させ、
お前を喜ばせ、
お前を真っ白に力を尽き果てさせてしまう・・。
Love Bites...



最初の視界に気づいたお前。
俺のアタックを楽しんだはず。
俺の最初の一噛みもあっただろう。
もう引き返す事などないんだ。

だから、俺の腕の中に来い。
いつでも一撃をくらわせてやるよ。
罠をしかけ貪るために、
また戻ってくるぜ・・。


     真夜中に、愛が噛み付くのさ・・。


~~~~~~~~~~~
久しぶりにリクとは別に、自分でいきなり思い立って、雑ながら自己流和訳。
80年代のジューダスは、どうしても、自分の中からはずせない素晴らしいアルバムばかりを出してくれている。
先日Point of Entry
(その中の名曲Heading out the HighwayPVはこちら。← カーレース始める前のKKとグレンが面白い、注目。
ちょっと笑えてしまうHot Rockin'はこちら。 ←ギターやマイク、ドラムに火をつけちゃうのは、どーなのか!?あと、サウナで、お湯かけすぎ!!)
をアナログしか持っていなかったので、CD買いなおしたので、近いうちにこちらからも何か紹介したい。

そうそう、買いなおさなきゃ・・なものの一つにブリティッシュ・スティールがあるのだが、Breaking the Lawが好きだ。そのPVも見付けたので、宜しければ、こちらにて。←明らかにドラマーさんの扱いがひどすぎる・・ラストの車内で!!(T-T)



ともかく、ジューダスは、メタルゴッド。大好きなバンドの一つです。





音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Judas | 09:58 | トラックバック:0コメント:6
MSG11月来日決定。
CDjournalさん にあったのですが、はい、なんと、MSG来日決定とのこと!


すでに開始されている欧州ツアーのメンバーは、マイケル・シェンカー(g)、ウェイン・フィンドレー(g,key)、ピート・ホルムス(ds)、レヴ・ジョーンズ(b)、ヤリ・ティウラ(vo)。
 MSGはもちろんUFOの楽曲も含め、新旧織り交ぜた集大成的内容になるとのこと。

 
<マイケル・シェンカー・グループ来日公演日程>
11月13日(月) 大阪・なんばHatch
11月14日(火) 名古屋・ダイアモンドホール
11月16日(木) 東京・中野サンプラザ
11月17日(金) 東京・中野サンプラザ
11月18日(土) 札幌・Zepp Sapporo
料金:\7,500(税込/東京公演を除き別途ドリンク代)
問:ザックコーポレーション


 
<World Tour 2006 予定セットリスト>
01. Assault Attack
02. Lights Out
03. Ready to Rock
04. Let it Roll
05. Angel of Avalon
06. Dreams Inside
07. Dust to Dust
08. Big Deal
09. Shadow Lady
10. Love Trade
11. Life Vacation
12. Rock n Roll
13. Tell A Story
14. Into the Arena
15. But I Want More
16. Lost Horizon
17. Too Hot to Handle
18. On and On
19. Only You Can Rock Me
20. Attack of the mad Axeman
21. Armed and Ready
<Encores>
22. Aracnophobia
23. Doctor Doctor
24. Rock Bottom
※変更の可能性あり


日程的に、自分は参戦厳しいだろうか・・。
調整するかなあ・・スケジュール。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| MSG | 09:01 | トラックバック:0コメント:0
Rock Fujiyama第三回
ビデオの調子は、やっぱり怪しかったのですが、かろうじて録画できていたので、見ました・・。
今週オンエアした内容を、公式さんからちょっとお借りしてきてしまった(ごめんなさい。許してくださいー。)

二〇〇六年四月十七日

レギュラー: マーティ・フリードマン
KENNY GUY(鮎貝健)
SHELLY
ROLLY
ROCK忍者頼正(久武頼正)
#3ゲスト: 京本政樹

オープニング (使用曲/アーティスト)
Toys In The Attic/Aerosmith
Start Me Up/The Rolling Stones
FUJIYAMA GREATEST HITS
1 Voodoo Child/Jimi Hendrix
2 Let's Dance/David Bowie
3 Talk/Coldplay
ハナウタ湯
1 (I Can't Get No)Satisfaction/The Rolling Stones
2 The Long And Winding Road/The Beatles
3 Hotel California/Eagles
マーティのロック・ミーツ・ザ・ライジングサン
♪荒野の果てに/山下雄三
  → The Final Countdown/Europe
    Devil's Island/Megadeth
    Holy Wars/Megadeth

ロック百人一首
1 Life In The Fast Lane/Eagles
2 Private Eyes/Daryl Hall & John Oates
3 Another One Bites The Dust/Queen
4 Paranoid/Black Sabbath
5 The Stranger/Billy Joel

Shelly's ロック語講座
Have A Nice Day/Bon Jovi 今週のロック語: 『KICK ASS!』=イケてる
エンディングテーマ
「雑音の雨 feat. キリト」(マーティ・フリードマン/avex)


=========
そして、自分の個人的感想。
・必殺仕事人、きょーもとさんですねー、今回のゲストさん。ギター・・57年のレスポールかあ・・凄いなあ・・(オリジナルのギターもびっくりだー。2300万は怪しいけど。)。

「レッツ・ダンス」は好きだっ!デヴィッド・ボウイ、やっぱ、この頃はかっこよいねー☆

・ストーンズのサティスファクションは、ホントいい歌。ホテル・カリフォルニアも、好きです。

必殺仕事人の曲がThe Final Countdown/Europeになっちゃうのは、なるほどねーって感じでした。ラストのHoly Wars/Megadethもよい感じ!!

Private Eyes/Daryl Hall & John Oatesは、懐かしかったです。
Another One Bites The Dust/Queenは、聴いた事あるなあ・・!とふと思い出し。
Paranoid/Black Sabbath、The Stranger/Billy Joelこれも、おお、名曲だなあ・・としみじみ♪

・ロック語講座で「Have A Nice Day/Bon Jovi」がかかったのは、来日中だし、タイムリーですね~☆



皆様もお好きな曲とか、思い入れのある曲とか、懐かしい曲とかありましたかー?

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| HR/HM等番組感想他 | 16:02 | トラックバック:0コメント:0
Rainbow"All night long":不朽の名曲。
リク。DOWN TO EARTHから、一曲ということで、最初はLost in Hollywoodがいいなーと思ったものの、断念。やりやすそうな"All night long"にしました(ポップ系かもだけど、耳に残るし、いい曲だから好きなのです。)。グラハムが、横山やっさんとか、時折ちらほら聞きますが(笑)、言われてみればそうなんだけど、・・それでも、結構好きですよー、グラハム。コージーもパワフルだしねー、迫力ありますねー☆
あと、ロジャー・グローヴァーも作曲凄いな・・流石だな・・とか、思ってしまう一作。ドン・エイリーのキラキラソロも素敵。雰囲気がそれまでと変わってくるのも、また面白いかと。

昨日のロック・フジヤマでもPV見たので、タイムリーということで。
いつものごとく、いい加減な和訳は許してくださいな。

~~~~~~~~~~~
Rainbow"All night long"
(Blackmore/Glover)


俺を見つめながら君が歩いてくる。
綺麗だよ、でも君を俺は良く知らない。
一晩中起きていられる子が欲しいんだけどね。
君は、ただショウを見に来たんじゃないよね。
自分が見たいものをわかっているようだな。
君の笑い方で、俺は間違えられないと意識したんだ。

*chorus
      君に触れたい、君を感じたい。
      君を俺のものにしたい。

      一晩中、君を愛したい。
      一晩中、君と一緒にいたい。
      一晩中、君を愛したい。
      一晩中、君と、ともにいたいんだ。




ステージの傍に、君が立っているのが見えた。
君の黒いストッキングと、シースルーのドレス・・、
君の唇が開いて・・、
でも、俺は君が「おやすみなさい。」なんて言うのを聞きたくはないね。
君は、若い子で、年がいってしまってるわけじゃないのかな。
でも、俺はそんな事は気にしやしないけど、
だって、君、そのものが好きだから。
君の頭の中は知らないけれど、君はとてもいかしてる。


*chorus repeat

君の心は穢れていても、君の手は綺麗なんだよ。
君は階級は足りなくても、君の足は長いしね。
1人好きなように、また夜を過ごすなんて耐えられない。
ねえ、君、ワインはいかがかな?
君の名前は何?1人なの?
君は、今1人?サインはどう書くの? 家まで君を送ってあげてもいいかな?

      君に触れたい、君を感じたい。
      君を俺のものにしたい。

      一晩中、君を愛したい。
      一晩中、君と一緒にいたい。
      一晩中、君を愛したい。
      一晩中、君と、ともにいたいんだ。

*chorus to fade

~~~~~~~~~~~
あっさり・シンプル・ライト系のラブソングだったんですね。コンサートで映える内容の曲だし、好感触。
ジョー・リン節のラヴソングと違って、グラハム節もカッコイイと思います。
リッチーって色々なタイプのヴォーカリストさんを見つけ出すのかなー?それぞれ素晴らしいけれど☆





音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Rainbow | 00:00 | トラックバック:0コメント:0
フジヤマ第二回
先週kobachoさんから教えていただいた、「フジヤマ」と言うTV東京系の番組・・。見ましたよー、というか録画したんだけど。ビデオは、壊れたデッキだけど、昨日に限り、復活したので、信じてタイマースイッチオン。朝再生したら、ほーっほっほっほ、入っておるぞ!!よっしゃ、神は私を見捨てていなかったな・・。


昨日オンエアした内容を、公式さん参照で、下に(ご容赦を・・!)。


二〇〇六年四月十日

レギュラー: マーティ・フリードマン
KENNY GUY(鮎貝健)
SHELLY
ROLLY
ROCK忍者頼正(久武頼正)
#2ゲスト: 西城秀樹

オープニング (使用曲/アーティスト)
BURN/DEEP PURPLE
25 OR 6 TO 4/CHICAGO

FUJIYAMA GREATEST HITS
1 WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS/JOE COCKER
2 ALL NIGHT LONG/RAINBOW
3 VERTIGO/U2
ハナウタ湯
1 IMMIGRANT SONG/LED ZEPPELIN
2 WE WILL ROCK YOU/QUEEN
3 A.D.1928~ROCKIN' THE PARADISE/STYX

マーティのロック・ミーツ・ザ・ライジングサン
黄色いリボン/桜田淳子→
Doctor Doctor/UFO ・ Can The Can/Suzi Quatro
The Beautiful People/Marilyn Manson

ロック百人一首
1 FOXY LADY/THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE
2 BLACK MAGIC WOMAN/SANTANA
3 (I CAN'T GET NO)SATISFACTION/THE ROLLING STONES
4 LAYLA/DEREK AND THE DOMINOS
5 DRAW THE LINE/AEROSMITH

Shelly's ロック語講座
♪My Generation/The Who
今週のロック語: 『Let's Get Fired Up!→盛り上がっていこうぜ』 
エンディングテーマ
「雑音の雨 feat. キリト」(マーティ・フリードマン/avex)


・やー、ジョー・コッカーってこういう感じなのか・・。Def Leppardのジョーとか、好きって言ってなかったっけ?


レインボウのオール・ナイト・ロングは、もうー!!なんてタイムリー!!明日出す予定です。!
グラハム・ボネットは、自分的には、かっこいい人なんだけどなー。
ちなみに、久武さんも、楽しくてツボにはまる素敵キャラ♪。


・あと、秀樹さんがゲストだからかな、
グラハム・ボネットのナイト・ゲームスやってました!!
比べる形でね!!いいねー!!(笑)



・あと、全然詳しくないんだけどツェッペリン。移民の歌は好きだなーと、聴く度に思うわけです・・。




というわけで、次回の記事は、レインボウのオール・ナイト・ロングの予定です☆

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| HR/HM等番組感想他 | 14:05 | トラックバック:0コメント:0
Bon Jovi"In these Arms"
先日、サントリー缶チューハイ -196℃ のCMでBON JOVI の You Give Love A Bad Name が使われていたのを見ました、カバーだったけれどねー。女性の声でしたねー☆(サントリーのカスタマーサービスに問い合わせた方の情報によりますと(みくしの方より情報お借りしてます)、歌っているのは2人の日本人女性で、一人が小坂水澄(こさか みすみ)さん、もう一人が重住(しげずみ)ひろこさんというシンガーだとのこと。)

さて、そんなこんなで、Bon Jovi...! ほら、来日ですからね!Bon Jovi!今回は、リクエストにお答えしてみました。Bon Jovi"In these Arms"
・・・だが・・・、な、なんと、また聴いた事がないという情けなさなんですが・・。これも、聴いた事が無いばかりでは、申し訳ないので、どんなアルバムにあったか位は調べてみましたよー(←そんだけかいっ!)「Keep the Faith」にあったんですね!・・しかし、ベストにはないと?・・んー、今度レンタルレンタル☆


和訳はかなり、無理やりな意訳部分もありますが、あっそー・・って感じでスルーお願いいたします。
~~~~~~~~~~~

Bon Jovi"In these Arms"

君は身を任せたいんだね、
この瞳に映って。
炎で燃え滾る瞳さ、
時の終わりまでね。
今夜、この腕の中に、君を手に入れられるなら、
何でもするさ、
懇願してもいい、盗んでもいい、いや、命も捧げようか。
Baby バラのような君が欲しい・・。
滴る雨を求めるバラのような君が・・。
わかるよね、君が要るんだよ。
痛みが要るという詩人のような君が・・。
俺は何でもあげるから、
俺の血も、愛も、いや人生もさ・・。



*Chorus
      今夜、この腕の中に、君がいてくれるのなら、
      君を抱きしめられるのに・・。
      君が欲しくて、
      跪くだろうよ・・。
      そして、全て上手くいかせるさ。


**Chorus
      この腕の中に、君がいてくれるなら、
      君を愛し、
      君を喜ばせ、
      君を放しやしないって、告げるだろうよ・・。

           そして、君を、時の終わりまで愛するよ、
           もし、今夜、この腕の中に、君がいてくれるなら・・。


太陽を見つめ、
約束したね。
この世界の何者にも絶対にあざむかれないという約束を。
これが俺達の言葉だった。
俺達の言葉は歌だったし、
俺達の歌は祈りだし。
この祈りは俺を強くし続けてくれる。
そして、今も信じてるんだ。

もし、君が、この腕の中にいてくれれば・・・。

*、**chorus repeat

君の服は、俺達の部屋中にばら撒かれたままで。
この古い場所は、君の安っぽい香水みたいな薫りがしたままで。
全てが、君を思い出させるんだ。
俺がし得なかった事・・、何も残っていなくても・・。


これは俺達の言葉だった。
俺を強く支えてくれるんだ、baby.
君を抱きしめたかった。
君が欲しかった。
君に跪き、全てを上手くいかせたかったんだ。


**chorus repeat


君が今夜この腕の中に、いてくれるのなら、
君を今夜、この腕の中に、抱きしめられるなら、
雨を求めるバラのような君を、
変化を求める季節のような君を、
痛みを求める詩人のような君を、
俺は、今夜、この腕の中に、君が欲しいんだ・・。


~~~~~~~~~~~

素敵な歌詞ですね・・。情熱的。
歌詞、和訳しながら、なぜかTime of the Oath聴いてました♪
ハロウィンいいねー!!

この前買ったロバート・プラントのNow and Zenは、え!?これ、ほんとにプラントさんなの!?ってくらい、ポップで聴きやすかったです・・。AOR???いい感じです。





音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ:ハードロック - ジャンル:音楽

| Bon Jovi | 11:18 | トラックバック:0コメント:2
Rainbow"Can't let you go"恋の終わりを感じる曲。
この前、アナログからCDに・・と、買いなおした、Bent out of Shape収録の曲「Can't let you go」.CDに対訳が入っていると思ったら・・、ないじゃないかっ!!!・・・そこで、いつものように、自己流いいかげん和訳をすることに・・・。一応、中に入っていた、リリック見て・・。だが、一部、歌と歌詞で、違っていたのがあったので、そこは、ジョー・リン・ターナーの声(歌)を信じて、そっちを採用。

恋の終わりの痛みを感じる歌ですね・・。


~~~~~~~~~~~
Rainbow"Can't let you go"


日ごとに、君が居なくなる事に気づきながら目を覚ます。
夜ごとに、心のうちの、空虚さと闘えなくなってきている。

言える事等、もう無いのだろうか。
今や、君は俺に背を向け、去り行くと判っているのだから。
君は、何か偽っているようだけど、
隠す必要などないんだよ。
だって、今夜、君の目を見れば、真実がわかるんだから。



嘘をついて生きていきたくなどないが、
別れを告げたくもないんだ。
全て終わっていても、君を手放せない。
ただ、君を行かせられない。
君の愛は、冷えていっているというのに。



俺の瞳を見れば判ることだろう、
君の心は、もう君の手の中のものであると。
もっと、何か教えてくれないか?
俺達は、どこで間違ってしまったんだ?


喧嘩などしたくないよ。
俺がしたいのは、理解しあうことなんだ。
俺の気持ちは君に届いているのに、baby.
俺は何ができる?
長い間、心に抱いてきたよ。
だから、嘘をついて生きたりはしたくないんだ。
君を手放せない。
愛が終わっていたとしても、
ただ、君を行かせられないんだ。
君の愛が、冷えていくのは感じてるけれど。



偽りの人生は送れない。
だが、別れも告げられやしない。
君に、俺のそばに、居てほしいんだ。
だから、君を行かせたくない。

愛が終わっていようとも、
君を、今、手放したりできないんだ。
君の愛が、冷えていくのは感じるけれど、
君を行かせることができないよ、全てが終わっていようとも。



~~~~~~~~~~~
焼酎飲みながら、ぼそぼそ口ずさみ、ほろりほろりと泣けてきそうだ。
ほろ酔いで和訳して、見直しもしないで出してる雑さ!!・・許しておくんなさい。
ジョー・リン・ターナーの力強いヴォーカルと、叙情的なリッチーのソロ、そして、イントロのローゼンサルのパイプオルガン?キーボード?が・・すばらしいっ!!
この曲、本当に好きだよー。


あと、Street of Dreamsも好きだな☆ このアルバムで。


自分の中での、レインボウの一番好きなアルバムかもしれない。


音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Rainbow | 22:51 | トラックバック:0コメント:1
Foreigner"Waiting for a Gilr Like You"
リクでした。ジョー・リン・ターナーがカバーしたというフォリナーの曲。この前、カラオケでどんな曲だかだけは聴いてまいりました。綺麗な感じの曲ですね。
「4」というアルバムに入っているんですねー。
かなりあらっぽい和訳ですが、のっけてみます。


~~~~~~~~~~~
Foreigner"Waiting for a Gilr Like You"

またな・・。
探し続けるのはきつ過ぎたし、長く待ち過ぎもした。
時には、探そうとしているものがわからなくなるんだ。
ただ、時間の問題とわかるだけ、
君が誰かを愛することがね。
もうすぐ、君は誰かを愛するはずさ。


それは正しい事だと思うし、温もりも感じるし、本当の事とも思えるよ。
君が同じように感じてくれているか知りたいんだ。


もしかしたら、俺は間違っているかな。
俺が押しが強いのなら、そう言ってくれないかな。
俺のこの気持ちは、前から傷ついてきてる。
今、判っておきたいんだ。


*chorus
      君のような女性が、俺の人生に訪れるのを待っていた。
      君のような女性を待っていたんだ。
      まだ、愛は息づいていくよね。
      俺に生きてるって感じさせてくれる、新しい誰かを、
      俺は、待って生きてきた。
      そうだ、君のような女性が、俺の人生に現れるのを待っていたんだ。



君はとてもいい子だよ。
愛し合う時に、わかるよ。
触れたり、口にする言葉よりも、よく判ることさ。
ただ、夢の中では、こんな感じかな。
君が誰かを愛する時・・、
そうさ、本当に誰かを愛して・・。

今、それが正しいってわかったよ。
起きる瞬間から、夜の深みまで、
地上に君を優しく抱きしめる以上に素敵な場所はないってね。



*chorus repeat

君を待っていたよ
待っていたんだ。
君のような人を待っていた。
俺の人生に、君は入ってきてくれないか?
俺の人生に・・。

~~~~~~~~~~~
次はBon JoviかSlayerの和訳かなー。
ちょっと眠さと仕事と・・でリク遅め遅めになってますが・・すみません。しかも、あらっぽい・・。


kobachoさんが教えてくださった「Rockフジヤマ」。来週から見ます!!
マーティ・フリードマンをまたまた、このような音楽系の番組で見られるとは!!楽しみです・・!!






音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Foreigner | 17:58 | トラックバック:0コメント:2
Heart"Secret"
リクです。す・・すみません、聴いた事ないんですが、今度聴きますねー。和訳は、比較的やりやすかったので、やっちゃいました。(RUSHのRoll the Bonesは難しい・挫折かも・・。)
で、全く知らないのもいかんですので、調べてみたら、バラードらしいと。Brigadeというアルバムに収録と・・。これは、もう、Heartのアルバムをゲットするしかないかもねー・・と思っております。



~~~~~~~~
Heart"Secret"

私たちは二人、絶対に交わったりしないような
違う人生を歩んできたけれど、
此処で、ともに出会ってしまった。
実際の位置よりも近くにいるみたいよね、
けれど、まだ、触れられるほど近くにはいないの。
怖くて動けないもの。
すごく触れたいし、永遠に待つことなど出来ない。
二人にとって其れが危険だってことはわかっているのにね。


*chorus
      どうやって、この秘密をずっと守ります?
      どうやって、暗闇の中に、秘密を、そっとしておくの?
      お互いの弱さを支えあいたい時に、
      どうして、私たち、別のところに離れていられるというの?
      なぜ、この愛を二人で守っているの?
      この秘密を守りきらなければいけないし、
      離れ離れでずっといなければならないなんて、
      最初からわかりきっていた事なんですよね・・?



雨の降り注ぐ中、貴方が歩いて
私のところにやってくるのを見ている。
このまま、居なくなってしまいたい・・と願いながら、
貴方から目が逸らせない。
何度もトライしながらも、それは無駄に終わってる。
瞳を閉じて、もう無くしてしまえばと願うのに。

けれど、貴方を失うのは
私にとって貴方を得るより、ずっと大きな事だと
いつも感じている。


*chorus repeat

思うことを止められない。
貴方の瞳に私が映る時、
私はどんなに貴方を必要としているかということを。
隠すのは厳しいことよね。

*chorus repeat

~~~~~~~~

まー・・読んでびっくりしちゃったよねー・・、こういう歌詞かぁ・・。
・・・・。
恋してますね・・、ハートさんっ!ふらーん☆(メマイ) 切ないラブ・・!!





音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Heart | 17:19 | トラックバック:0コメント:4
| ホーム |

フリーエリア

にほんブログ村 音楽ブログへクリックして下さると有り難いです

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

ROKI

  • Author:ROKI
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。