FC2ブログ
古めのロック(HM/HR)、社会、文化等に関するコラム。日常徒然記録(無双とか本について)もアリ。

Positive Resonance Society & Culture Colums

良いお年を!
20051231013915
写真は昨日見た東京ミレナリオ。かなりこんでましたが、壮麗で美しかったし感動しました…、ああ、行ってよかった~!短時間ではありましたが、夢心地で幸せな暖かさを感じられ…この身にはもったいないねー…、生きててよかったなー。そんな喜びと感謝の想いを胸に抱きながら、ご挨拶を…。


皆様、良いお年を…!


(ブログ元旦はお休みです~。)
スポンサーサイト



| 未分類 | 01:39 | トラックバック:0コメント:8
Guns n' Roses"Think about you":なんとなくフレッシュな印象で好きな曲.
Guns n' Roses"Appetite for Destruction"に関しての詳しい感想はここに書いたので、今回は省略してしまおう。たしか、"Think about you"も紹介したいなあ・・と、当時考えていたはず。だから、本日はそれを。"Welcome to the Jungle"は、ちょっと訳を載せ辛い~ので、逃げていたり(笑)。



~~~~~~~~~
"Think about you" Guns n' Roses


ねえ、君は凄く綺麗だよね。
会った時の事、今も覚えているよ。
可笑しいかもしれないけど、
2度と無いくらい最高の気分だったんだ。
あの感覚は、忘れ得ないものだ。


俺の覚えている限りでは、最高の時間だった。
そして、分け合った愛は、愛するという事は、
永遠に続くんだろう。



俺の心は満たされていなかった。
ほんの少しだけ残っていたものがあったが、
それを君が見つけてくれたんだよな。

可笑しいかもしれないけど、
2度と無いくらいハイな気分だったんだ。
あの感覚は、忘れ得ないものだ。
*repeat



      君のことを考えてる。
           愛しい君、俺の心はいつでも、Yesって言ってるよ。
      君のことを考えてる。
           心の奥では、君を一番愛している。
      君のことを考えてる。
           君が俺の欲しいたった1人の人だって、わかってる?
      君のことを考えてる。
           愛しい君、君がたった1人の人。
           Think about you...



俺の心の中で、何かが変わった。
君がそれを教えてくれたのが、とても嬉しいんだ。

可笑しいかもしれないけど、
2度と無いくらいハイな気分だったんだ。
あの感覚は、忘れ得ないものだ。
*repeat


~~~~~~~~~
"Think about you"のところを、自分は忘れられないよー。耳に残るフレーズ。
Leppsは、ちょっと用意しているものの、折角だから、今年最後の記事に載せるか、または、新年一発目にするか・・、なんて漠然と考えているところ。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Guns n' Roses | 12:06 | トラックバック:0コメント:8
壊れ…。楽あれば苦あり
20051227115108
♪~うつむく恋が、
傷付く度に、
迷子のように立ちつくす、
いい事なんて、
そうないから、
自分の今を変えなくちゃ駄目~♪


ハイ、壊れたのは、上のようなポップス(『イージー・ショー・タイム』という曲)を聴いたりしてた自分のようですが(笑、いつも壊れてるというツッコミは無しでお願いします~)、そうではなくコンポなのですー。


コンポのMDのところが壊れてしまったのです…。さらにもっとポップス聴こうとMD入れたら、変な入り方して、動かなくなってしまったのだ~。吸い込まれたMDは、つついても、ハサミで(汗)ひっぱっても出てきやしません。大事なロック系のものじゃなくて良かったけどねー、はー。


ウチのコンポはハードロック以外,受け付たくなかったんかなー。


人生、楽ありゃ苦もあるのだよねー。CDとカセットも動きがあやしいし、音楽聴けないのは辛過ぎるから、近いうちに買わないと…。散財っ(泣)。ま、新しい良いものを得られるんだから、少しポジティブに捉えてもみましょう~。
(けど、MD聴けないのは、きつい・・くるしーぞー!!)

今度またレップス和訳などしたいかな?


♪~偽りの無い気持ちだけ届けるよ、
明日への遥かな想いを
抱き締めて僕等は歩き出す
それぞれの軌跡を残して~♪

とかいう、『Wishes -I'll be there-』も結構よいね。(メタルな頭を一時リセット?笑)
| 未分類 | 11:51 | トラックバック:0コメント:5
Queensriche"EYES OF A STRANGER":最強コンセプトアルバムのエンディング。
Queensricheといえば、88年位にリリースの名盤OPERATION:MINDCRIMEがすぐに思い浮かぶのは、自分だけでは無いはずだ。壮大で深遠な思想と社会問題などの事象を含有したストーリー仕立てのアルバム。80年代を代表する最強のHRのコンセプト・アルバム。このアルバムを語るのに言葉を見つける事すらできない。ただ、聴いて感じれば、それでいい。ジェフ・テイトの歌唱力には脱帽というところ。今日は、アルバムのラストを飾った"EYES OF A STRANGER"の自己流訳を。美しいリフとメロディ、ドラマティックなヴォーカルに心を奪われる名曲だ。本当は1枚全部を聴いてこそ・・のOPERATION:MINDCRIMEなのだけれど。

~~~~~~~~~
"EYES OF A STRANGER" Queensriche


ドクター・デビッド、お電話です。
ドクター・デビッド、ドクター・ブレアー、ドクター・Jハミルトン、ドクター・Jハミルトン・・・。


今や全くの孤独、
自分達の体験したり理解したりしたものの記憶以外。
それを己の内に残そうとする時はいつも、
君のことを思い出させる何かに気づくのだ。
毎夜、夢が俺に憑こうと戻ってくる。
君のロザリオが、君の喉に巻きついていた・・。
目を覚ましながら横になり、眠りに落ちるのを恐れ・・、
俺は、振り向く君の顔を見る。


(chorus)
      そして、起きあがって、見つめる、
      見知らぬ者の瞳を。
      常にわかっていたよ、鏡は嘘を吐く事は無いなど。
      人はいつも踵を返すのだ、
      見知らぬ者の瞳から。
      見つめた向こうに在るものに
      気づくのを恐れるからだ・・。




これが俺の眼前に措かれた人生に
残された全てなのか?
無機質な表紙で決められた記憶、鎮静剤の最高値。
彼等がいつも約束していた不幸なエンディング。
俺に残されたのは其れだけか。


(chorus repeat)

幾度この悲劇を生きなければならないんだ?
如何に多くの嘘を、彼らは俺に告げるのだろう?
俺の欲しいのは、ただ、皆と同じものなだけなのに。
何故、俺は此処に居る?そしていつまで?



(chorus repeat)
      そして、起きあがって、見つめる、
            見知らぬ者の瞳を。
      常にわかっていたんだ、鏡は真実を語ると。

      人はいつも踵を返すのだ、
            見知らぬ者の瞳から。

      見つめた向こうに在るものに
      気づくのを恐れるからだ・・。




~~~~~~~~~

相変わらず、雑でラフですみません。下手さやアヤシさはスルーしてくださいな。んー・・、若干ピンク・フロイドあたりの香りが漂ったりもしなくないか・・?(←余り詳しくないけれど。)プログレ・メタルと評されたりもしたマインドクライムらしいというか。こういった歌詞は好きだなー。


余談:ハロウィン・新章聴いてますが、かなりタイム・オブ・ジ・オウスの雰囲気が・・。守護神伝のムードより、そっちを感じるものの、こういう雄々しいサウンドは大好きだ!


聴きながらだが、年賀状作りで印刷四苦八苦。なんとか終えて、プリンターをしまおうとしたら、箱と機械に手を挟まれ、手首流血・負傷。場所が場所だけに、変に傷がついて、溜息だったり。はー・・(痛い)。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Queensriche | 21:18 | トラックバック:2コメント:14
20051224172126
今宵は、クリスマス・イブですね。皆さん楽しんでますか~?

昨日は、1日早いイブ気分。神が恵んで下さった、身に余る幸せは、かくも夢の如し。本日は身分不相応な優しさを恩師の才媛より。幸福が溢れる時間をたくさん過ごせたから、まだまだ頑張っていけるさー。


…有難う…!


マフラーとストーブとあったかグッズで一人ぬくもりながら、ソレガシ、昨日やっとゲット(幸せじゃよ)のハロウィンの新章聴くでござるよ(←ホウトクとジョコウで、より雄々しくっ!)。

や、こっちの方がいいかな、無双孫策風に『嬉しいぜ、楽しもうぜ~!』(←ハイなヤツ)
| 未分類 | 17:21 | トラックバック:0コメント:7
Skid Row "I Remember You":ヒットアルバム内で輝く名バラード。
スキッド・ロウというと、自分にとっては1stの”Skid Row”(89年ごろリリースだったか?)が一番に思い浮かぶし、よく聴いたものである。若さと躍動感に満ちたパワーのある名盤。やはり、今でも"YOUTH GONE WILD "はしょっちゅう頭の中に流れるし(笑)、"18 & LIFE"もカッコよかったし。”RATTLESNAKE SHAKES”ノリの良さも心地好かったし、”SWEET LITTEL SISTER”、”MAKIN' A MESS”のスピード感溢れるサウンドも大好きだった。

そして、心に残る名バラード"I Remember You" もHR界を震撼させたとも言える秀作、この”Skid Row”の中に含まれていた。今日はこの歌詞の自己流訳。

~~~~~~~~~
I Remember You / Skid Row 

降り注ぐ雨の音に起きると、
風に囁かれ・・、そして君の事を思った。
全ての涙は君の泣いた其れ、俺の名を呼んでたんだよな。
君が俺を求めた時、俺は君の元へやってきた。


過ぎ去りし日々の絵を俺は描く。
愛が盲目になってしまった時、君は俺に解らせてくれたっけ。
君の瞳の中に、運命を見つけたようで、
だから、君が俺の為に其処にいてくれると思ったんだ。
幾度も、君は俺の為に其処に居てくれた。


(Chorus )
     昨日を思い出してくれ、手に手をとって歩いたろう?
     砂に書いたラブレター・・・君を覚えてる。
     眠れぬ夜もずっと、終わり無き日々もずっと、
     俺は君が「貴方を忘れない。」と言うのを聞きたいんだ。


サンルーフを落として、夏を過ごした。
いつまでも、このままで居たいと願いながら。
君の唇が「愛してる。」と動いて、
「このキスの為だけに、人生をなげだそうか。」と、俺は言ったね。
君の笑顔の為に生きたかったし、君のキスの為に死ねると思った。

(Chorus repeat)

辛い時も分け合ったけど、
それは俺達の払うべき代償で。
そんな事も全部乗り越えて、
自分達の約束を俺達は守ってきた。
君を独りには絶対にしないと、俺は誓うよ。


降り注ぐ雨の音に起き、
君の夢を消し去った。
だが、どんなものも君の事を忘れさせてはくれなかった。
何故なら、君そのものが、常に、俺の実現すべき夢で在り続けるから。
・・・いとしい君、愛している。

(Chorus repeat)
     昨日を思い出してくれ、手を繋いで歩いたよな?
     砂に書いたラブレター・・・君を思い出す。
     眠れぬ夜もいつも、終わり無き日々もいつも、
     俺は君が「貴方を覚えてる。」と言うのを聞きたいんだ。
     I wanna hear you say, I remember
               - I remember you


~~~~~~~~~
ちょっと急いでいたので、雑な訳で申し訳ない・・。今回特にあやしい部分が結構あるかと思うが、どうか、自己流・亜流勝手解釈なので、あまり突っ込まないでくださいな。雰囲気だけ、ああ、そんな感じなのか・・というくらいで、どうかっ!
女性からの歌詞としてもOKな気もしなくもない部分があったけれど、あえて、男性の歌う詞としてみた。

甘いが、ちょっと切なく、ラブたっぷりの、まさに、まさに、ラブ・バラード。クリスマスに宜しいのでは?




・・・縁遠いぜ・・・。来世に期待か(笑)。
まあ、呂布とチョウ蝉あたりを想像して、1人空想の世界に浸るからいいさ(フッ。哀れな奴・・と、司馬イに言われそうだが。)。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Skid Row | 00:01 | トラックバック:0コメント:12
It Bites"Midnight":不思議な詩の世界とタイトなサウンド。
Once around the worldというIt Bitesのセカンドアルバム(1988頃の)は、かなり評価が高いのではないかと思う。少なくとも、自分の周囲では、ハードロックファンもプログレファンも、良作と言っていた。ポップとも、ハードロックとも、プログレとも、分類しづらいバンドではあるが、ともかく魅力的な音を作り出していた。フランシス・ダナリーを始め、テクニカルで、才能溢れるメンバーのいたバンドだ。

サードはわりとハードロック寄りの音が強く感じられたが、それに比べると、このOnce around the worldはプログレ風味が強い気がする。特に、ラストを飾るタイトルトラック"Once around the world"は、ガンガンいいものを詰めこみましたというような大作、メイデンも驚く14分46秒。けれど、飽きさせない楽曲の妙がある。同様に長い曲の"Old man and the angel"(9分21秒)も見事なもので、名曲・・しかも、中にラテン語のようなところまで・・、難解だが面白い曲なのだ。ハードロックの雰囲気があるのは、"Rose marie"、アップテンポで疾走感ある曲で好みだ。"Kiss like Judas"はポップな印象があるが聴いていて心地好い(PVは綺麗だった。)"Yellow Christian", "Black December"も旋律が美しく落ち着ける曲だし、ジャズ・フュージョン好きな人には"Hunting the Whale"は受けがよかったし、万人に良さが伝わる名盤だったと思う。あ、忘れてはいけない、"Plastic Dreamer"も爽やかな曲でよかった。

けれど、自分が一番好きだったのは、最初の曲"Midnight"。今日はこれを紹介・・。だが、歌詞が難解で・・。いまだに、意味がよくわからないのだ・・(汗)。まさに、「詩」って感じなのだろうか・・。今回は、It Bitesファンの方々に怒られそうなアヤシイ解釈・・、先に謝っておくから、どうか、目を瞑ってくだされ・・・。

~~~~~~~~~
"Midnight" It Bites


俺の心、鋼の熱狂を空に縫いとめている。
夜には、未開の鉱山の収穫に、子が1人。
母さん、貴女のソルジャー・ブルーの為に祈ってくれ。
貴女だけの為に何でもするよ。
俺を震えさせているのは、夜の寒さだ。

貴女と戻りたいと願わせるのも、そうだ。
そして、一方家では、
そこの里子が撫でられてる。
俺達は家を離れ、自分の命を守る為に逃げるのだ。

(Chorus)
      深夜の何処に隠れるんだ?
      月夜に尋ねるのか?
      深夜の何処に隠れるんだ?
      月夜に尋ねるのか?



俺の心、鉄線に貫かれた空虚な構造物。
火のない所に煙は立たない。
それは帝国の樹立と呼ばれる燃料。
母さん、もう1度祈ってくれ。
俺は、貴女のソルジャー・ブルーだ。
囚人ではなく。
北極星に全身全霊で祈るから。
救ってくれ、意味のない音・・。
瞳を閉じ、貴女のところへ行けるように願う。

一方、家は、俺達の目の前で弾け飛ぶ。
俺達は家を離れ、天へと高く飛翔する。

(Chorus)

ねえ、君は生涯の友だ。
君は一生の友だから、どうか・・どうか・・、
俺を違う方へ連れていってくれ。
神経をすり減らして生きている俺を。
神経の端で生き長らえている俺を。

(Chorus)

~~~~~~~~~
ソルジャー・ブルーは、ブルーな兵士なのか、青服の兵士でいいのか、水兵なのか、よくわからないので、そのままで。ストレートな歌詞ではなく、非常に曖昧模糊としているのだが、一言一言が、タイトでシンプルなサウンドと一緒になって胸に突き刺さる良い曲。大好きな曲の1つ。

It Bitesのこのアルバムのおかげで、ちょこっとだけプログレの大御所の名アルバムを聴く時期ができたりした。ロックの奥深さを感じさせられたような・・。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| It Bites | 00:04 | トラックバック:0コメント:6
Iron Maiden"The Evil That Men Do":耳に残るスピーディな名曲。
maidenev4.jpg

maidenev1.jpg

maidenev2.jpg

maidenev3.jpg


ずっと書こう、書こうと思ってきたメイデンの"The Evil That Men Do"。"Seventh son of a seventh son"の中で一番好きな曲。88年頃に発表のこのアルバムは、前作に比べて、少々地味目だが、それは前作の実験的でポップな作風から、1歩退いてみた形なのだろうか。とはいえ、メイデンファンが驚いた"Can I play with madness"のような、明るくポップなナンバーも含まれている。一方、メイデンらしい大作も健在でタイトルトラックの"Seventh son of a seventh son"はドラマティックな10分弱の逸品。ムードある穏やかな曲"The Clairvoyant"はハリスらしい作品で、これもいい。"Moonchild", "Only the good die young"も好きなのだが、耳に残り何度も聴きたくなるのは"The Evil That Men Do"なのだ。歌詞カードの和訳の方が、ずっと素晴らしいのだが、今日も一応やってみたので自己流和訳を載せてみよう(恥)。

~~~~~~~~~
"The Evil That Men Do" Iron Maiden

愛は剃刀、俺は銀の刃の線上を歩いていた。
無垢を踏みにじられ、目を赤く泣きはらした
彼の娘と埃の中で眠った。
だが、俺は彼女の為に祈る。
彼女の名を叫ぶだろう。
彼女の為に血を流そう、
もし、ただ、彼女に逢えさえするというなら。


      刃の端で生きて。
      岩盤でバランスをとりながら。
      ギリギリの刃の先で、生き延びて。


      人の為す邪悪は絶えることなく。
      人の為す邪悪は続く。
      人の為す邪悪は絶えることなく。
      The Evil that men do lives on and on...


炎の輪、歓びの洗礼は終わるようだ。
第七の子羊は屠られ、
生命の書は俺の前に開かれる。
だが、俺は君の為に祈る。
いつの日か、俺は戻れるだろうから。
君の為に死ぬだろう、
黄泉が、俺の知る場であるのなら。


~~~~~~~~~

スミス・ディッキンソン・ハリスがコンポーザーとして名を連ねるこの曲。歌詞も深みがある。ダイレクトなラヴソングではなく、ほんのりと。そして、どこか、考えさせられるような。独特の世界観の中に展開されるリリックは、惹き付けられるものがある。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Maiden | 03:10 | トラックバック:0コメント:4
答えてみました。
20051220144807
画像はジューダスのジョニー・ビー・グッドのプロモよりグレン・ティプトン(つい貼り付け、(笑))。
tatooさんから、回して頂きました。印象バトン(ありがとうございます~。)。いざっ!

Q1.回してくれた方の印象をどうぞ。

ステージ上で、何でもこなされる、マルチプレイヤー。歌も演奏も上手い!しかも、クール・・!



Q2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
5つ述べてください。

アホとか。
ドジとか。
出不精とか。
不器用とか。
性格司馬イとか?!
だろうか・・。



Q3.自分の好きな人間性について5つ述べてください

・正直だが、人を必要以上に傷つけない人(正直過ぎると人を傷つけてしまう事が多くなる場合もあるから)。
・想像力を持った人。
・言葉と行動が一致している人。
・責任感のある人。
・思いやりのある人。



Q4.では反対に嫌いなタイプは?

・有言不実行が極端に多い人。
・人を欺く事が極端に多い人。
・人を傷つける行動・言動が極端に多い人。

・・って言っても、滅多にお目にかからないけど。
や、もしかしたら、自分もそういうところがあるかもしれない。気をつけねば。


Q5.自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

良い人。ボロは着てても心は錦。
思慮深く、人を思いやる事ができて、人を嫌な気持ちにさせない人間。
あと、もっともっと健康でありたい。



Q6.自分の事を慕ってくれる人に叫んで下さい

ありがとう・・!



Q7.そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象つき)

皆様ご多忙そうだから、一応、こちらで終了…と。気になった方、持っていってくださいな。でも、ブログや日記、やっておられなくても、大好きな方で、凄く聞きたい方とかいっぱい・・。んー・・。残念!

回してくださった、tatooさん、ありがとうございました・・!
| 未分類 | 14:48 | トラックバック:0コメント:2
クリスマス・ウィーク突入。
20051219180904
急用発生にて、街に長居できず(街はやはりクリスマス・ウィークらしく華やかだ。)。

買い物も、どうしても必要なものだけはゲットできたというところ(自分用のCDや本を見る時間はなかった・・、溜息。)。急用発生より前に、お楽しみの食事は、本日もサラファンにて。1人のテーブルの真ん中に小さなツリーが鎮座していた。クリスマス・ウィーク突入だなあ・・と、ここでもしみじみ。のんびり1人で味わうランチもいいもんだ(さ・寂しくなんかないぜー!寒・・・。)。

そう、どうしても必要なものとは、前回とは別の慶事の贈答品やらその他。お世話になった皆様や友達が、ギフト受け取ってくれる時に、もし、笑顔になってくれたら、凄く嬉しいからねー。ちょっとだけサンタさん気分になれて、心が温かい。外が寒くても、気持ちぽかぽか・・という感じ。

今回で終わりの東京ミレナリオは行ってみたい(行ったことないし)…ひっそり夢見てみようか~(笑)。 
| 未分類 | 18:09 | トラックバック:0コメント:6
Def Leppard"Photograph":HR旋風の幕開け
lepphot1.jpg

lepphot2.jpg

lepphot3.jpg

lepphot4.jpg

lepphot5.jpg


Pyromaniaから、今日は「フォトグラフ」を。80年代にロックを好きだった人なら結構知っているのでは・・。ハードロック界だけでなく、もっと大きくロック界でも、ヒットチャートをしっかり昇ってくれた曲だから。リアルタイムにフォトグラフのヒットを身にしみて感じたわけではなく、ちょっとばかり遅れたものの、ベストヒットUSAで小林さんがデフ・レパードの名を何度も口にしていたので、どんなもんだろうか・・と、気になる存在であった。HRが表舞台に立ちやすく、多くの聴衆に馴染み易くなったのはこのシングルの寄与も大きかったような気がする。そして、パイロマニアというアルバムの寄与も。マリリン・モンローを題材にした歌詞・PV・・若々しく、アグレッシブで、親しみ易い。以前にはパイロマニアからFoolin'を紹介したが、あれも本当に力強く胸に響く名曲。
Def Leppardの事は、本当に語り出すと、横道にそれながら長くなるので、今回もこのあたりで終わりにするとして・・、今日も自己流和訳。

~~~~~~~~~
"Photograph" Def Leppard

幸運からも愛からも見放された俺が手にしたのは、
1枚の写真だけ。
パッション・キラー、君は凄過ぎるよ。
俺が触れたいと思うたった1人とは君なんだ。
夢の中では、いつも君の顔を見てる。
いや、どの雑誌のどのページでも。
とてもワイルドで、自由で、俺からはかけ離れたところにいる・・
そんな君が、俺の欲しい唯一の存在、俺のファンタジー。


    このロックンロールの道化師に君のした事を見てみろよ。
    君が何をしたかわかる?

**(Chorus)
      フォトグラフ・・・欲しくないよ。
      フォトグラフ・・・求めていないよ。
      フォトグラフ・・・俺の持ってるのは写真だけ。
      でも、それじゃ、満たされない。



君がそこにいれば、恋人になれるのに。
君が望むなら、俺を苦しめてくれてもいい。
品もある、そんな女性だ。
君はどんな男も子供のような気持ちにさせる。
俺も捕えられてしまってる。
全てが神秘に包まれている君。
とてもワイルドで、自由で、俺からはかけ離れたところにいる・・
そんな君が、俺の欲しい唯一の存在、俺のファンタジー。


*、**(Chorus)repeat

      心に真っ直ぐに入りこんだのは君・・。
~~~~~~~~~
カラッと明るくなれるDef Leppardのヒット曲。爽やかなのだけど、重みもあって、心地好いハードロック。全米でヒットしたのも、頷ける。しかし、イギリスのハードロックバンドがアメリカで馴染むって面白いなー・・。狙いなどなどもあったのだろうけど。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Lepps | 21:49 | トラックバック:0コメント:6
古いギターの本と病院の待ち時間。
20051215203906
本を探していたら、古い雑誌が出てきた。イングヴェイが表紙のロックギター教室。

まだまだ子供~な時期にギター練習する為に初めてギター関連の雑誌買ったんだっけなー。これに載ってたQuiet Riotの「カモン・フィール・ザ・ノイズ」と Twisted Sisterの「ウィ・アー・ノット・ゴナ・テイク・イット」とかオコサマなステージ(決してライヴとは言えない)でやってみた思い出が。Rattの「ラウンド&ラウンド」は、トーゼン無理でした(速攻挫折・・涙)。

そう、月曜が待ち時間の長い病院の日なんで、なにか軽めな本でも持っていこうかと。余りに長い待ち時間なので(受付から数時間後に、もう1度来るように言われるのだ-。凄い。処方箋の待ち時間も50分~1時間とか表示される!)、毎回途中で何度か抜けて、昼食べたり、本やCDを物色に行くのだが、寒かったら何時間も外ふらつくのしんどいし。まさに1日がかり。けど、そんな大義名分で、土日でも無いのに、完全オフだから(しかも出無精な自分が街に強制的に放り出される訳だし)、寒さがしんどくなければ、病院周辺や途中駅で、探し物とか出来る良い日にもなる!ハロウィン新譜とか、古本とか、色々見てこようかな(でも、行きたい店が月曜定休とかだと悲しい)。


真・乱舞書が欲しいー(←それは違う)。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Yngwie | 20:39 | トラックバック:0コメント:10
Dokken"Alone again":究極のバラード、ここにあり。
やっとこ予告していたアローン・アゲイン。普通の和訳は見慣れていると思うので、ちょっと、自己流を冒険。女性だったら、または、丁寧な口調の男性だったら・・、という感じで。以前も書いたとおり、"Tooth and Nail"は本当に名盤・・。

~~~~~~~~
"Alone again" Dokken

朝の光の中で、貴方が見たいです。
夜が訪れた時、貴方を感じたいです。
今、私は此処に独り。
ただ感じられるのは、再び独りになったという事。


(Chorus)
      判ってもらおうと努めたけれど、
      言葉が見つからなかったのです。
      今、涙が、雨のように流れ落ちます。
      貴方を失って、私は再び独りなのです。
      貴方を失って、再び孤独。
      Alone again without you.


此処に居てと言ったけれど、貴方は行ってしまいました。
そう、言ったのは私。
今、私は此処で、道に迷ってしまった。
ただ感じられるのは、再び独りになったという事。


(Chorus repeat)
      判ってもらおうと努めたけれど、
      言葉が見つからなかったのです。
      今、涙が、雨のように流れ落ちます。
      貴方を失って、私は再び独りなのです。
      貴方を失って、再び孤独。
      Alone again without you.

~~~~~~~~

先日女性ヴォーカル様のドッケンライヴで、「Kiss of Death」が印象深くて、ああ、女性視点で和訳もいいかもな・・と、このようにしてみたが・・、うう、ドッケンファンの皆様に怒られそう・・。でも、どうか、どうか怒らないで、我慢してください~、または、スルーして下さい~(石投げられる前に逃走)。けど、恋心は老若男女問わず切なく辛いものだな・・と、心臓にグサリとくる名バラード(いや、嬉しく楽しい恋心もあるのだろうけど、こういった辛さもはらむ場合があるというか。)。ドッケンのバラード系は、どれもダイレクトに心にヒットしてしまう力があるんじゃないかな。メロディ、ギターソロ、ヴォーカル、基盤のドラムとベース、全てが上手く絡み合って凄いパワーで大きな波のように襲ってくるような・・。いや、バラードのみならず、どの曲にもそういったものが感じられる。

あー、切ない気分になっちゃったじゃないか、ドッケンさんよー!(←キレ。いや、だから、それは楽曲に力があるからってことで。誉め言葉っす!)

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Dokken | 04:01 | トラックバック:0コメント:22
Kingdom come"What love can be":賛否両論?だけど良い曲だと思う。
87~88年位かなあ(記憶がオボロゲ)。Zeppに似てると大騒ぎ、賛否両論だった気がする「 Kingdom come」というアルバム。当時まだオコサマだったので、余りLED ZEPPELIN自体聴いていなかったから、別に気にせず、ただただ、良い曲だなあ・・と、思っていたのだけど。手元で今聴けるのは"What love can be"の12インチの音だけなのが寂しいが。多分、イイ曲だから、自分も購入したんだろう(アルバムは友人に借りたような。)そう"Get it on"とか、"The Shuffle"とかも好きだった。レニーの伸びの良い泣きのVoも、ギターソロの美しさも"What love can be"、胸を打たれる。

~~~~~~~~
"What love can be" Kingdom Come

来てわかってくれないか。
いつでも君の一番の友人でいたいんだ。
君の涙をぬぐう存在でありたいんだ。
2度と独りになりたくはない。
本当に2度とあんな感覚に捕らわれたくない。
俺を呼び覚ます感覚・・。
おかげで、自分の位置に気づく事から逃避した。
そんな時を切りぬけて。生き延びてきた。


(chorus)
君が来て、俺を自由にしてくれたから、
今は、愛が如何なるものかわかるから、
俺の求めるのは、君が傍にいてくれることなんだろう。
俺が求めるのはそれだけだ。


君は、俺の望みを許してくれるのか・・。
救ってくれてありがとう。
明るく輝く星のような気分だよ。
君だけが見上げる、君だけが見ることの出来る星・・。


(chorus repeat)

抱き締めてくれ。強く抱き締めてくれ。
君を放さない。
傍に、君の近くに・・。
触れていてくれ、放しやしない。
君の愛全てをくれないか。
Close to you, close to you
Give me all your love

俺の求めるのは、君が俺といてくれる事なんだ。


~~~~~~~~
うう、後半がスウィートだなあ・・(それこそウエディングにはモッテコイの歌詞かも。)。まあ、ラヴソングだもんね。あと、そういえば、このころ、Zeppっぽいとか、グレイトホワイトのヴォーカルも言われてなかったかなあ・・。こういったヴォーカルスタイルは、いいと思うけどな。

毎度、予告はずしの曲紹介なのだけど、どうぞご容赦。なにせ、Dokken"Alone Again"だけでなく、White Snake"Is this love", Keel"If love is a crime"あたりも本日は紹介候補・・などと迷ったわけで(笑)。イイ曲があり過ぎて迷いますねー。ああKeelといえば"Tears of Fire"もイイよなあ・・、学校で掃除の時間の音楽にしてしまったっけな、放送委員当番で(大ヒンシュク)。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Kingdom Come | 10:50 | トラックバック:0コメント:2
懐かしPV,Guns n' Roses他色々。
以前の予告通り、Guns n' Roses"Sweet Child O' Mine"のところにPV映像を追加~。

Guns n' Rosesgunssw4.jpg

こんな感じの画像をPVから数枚飾っています(TVのフチが映っているのが恥ずかしいけど、ご容赦くだされ。)、宜しければバンド名や曲名クリックしてみてくださいな。演奏のみでアッサリしているけれど、インパクトあるPVだったなー・・。


”近いうちに飾ろう・・”と、やはり言っていたメイデンの"Flight of Icarus"は、逆に、凝った感じのアートっぽい部分で、また印象深かったっけね。メイデンの「ピース・オヴ・マインド」は地味だけど、まとまりも良くて好きなアルバムだし("Die with your boots on","Trooper"とかカッコイイ。)。おっと脱線、脱線・・。


それと、昨日ライヴ楽しかったから「アローン・アゲイン」の訳詞も、チョコっと載せてしまいたい野望。悲しい歌詞だから切ないけれど、名曲だなあ・・と。しみじみ・・。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Guns n' Roses | 22:25 | トラックバック:0コメント:3
ライヴ・アフター・ウエディング?!
live1.jpg


今月は慶事続き。友人や親族の祝い事がいっぱいなのである。幸せな気分を盛り上げながら、その気持ちのお裾分けも頂けて、…コングラチュレイション!素晴らしい♪帰りは久しぶりにライヴに行った(自分へのちょっと早いクリスマスプレゼントにしたつもり。…あ、ハロウィンの新章買い忘れた、うう・・。)。ひとりで出向いたのでドキドキしましたが、皆さんがフレンドリーで親切にして下さったのが感激、あったかいなー、人って(嬉)!しかも、何よりも、サウンド最高!ノリもいいし!ドッケンやラット、オジーの良さを再認識しましたよ・・、はあ、いいよねえ・・(まだまだ感動が抜けきれず。)
慶事やライヴから、年末まで色々乗りきる元気を頂けました。
幸せだー!
良い曲や音のパワーって凄いんだよね。(けど、夜出る咳が、まだ治りきらないのがイヤだなあ・・。ゴホゴホ・・。ひょっとして喘息?いや、まさか・・。寝つけないんだよなあ・・あーあ。明日から安眠大作戦といこうか。)
keiji1.jpg

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

| HR/HM等番組感想他 | 23:16 | トラックバック:0コメント:13
Iron Maiden"Stranger in a strange land":心の安定剤になれそうな1曲。
maidenst1.jpg

以前書いた"Wasted Years", "Sea of Madness"の入った「Somewhere in Time」より、"Stranger in a strange land"を。これもエイドリアン・スミスの曲で、鋭いエッジがありながらも、比較的メロディアスなメイデンのナンバー。シングル・カットもされた。・・・ブルージーなギターソロと、厚みのあるベースライン、ドラマティックなヴォーカル・・心に染みる名曲だ。リフも凄くいい。

~~~~~~~~
Stranger in a strange land / Iron Maiden

何年も前、俺は家を出てこの地へ向かった。
夢と希望に溢れた若者だった。
だが今となっては、全てを失い、何も得られなかったようだ。
時折、物事は見た目とは異なる事がある。
素晴らしい新世界など在りはしない。
素晴らしい新世界など存在しないのだ。


夜も昼も、地平線を・・、海と空を見つめ、
俺の精神は終わりなく彷徨う。
夜明けとなり、故郷からの友が理由を見つけるまで。
俺が呼ぶのを聞いてくれ、助けてくれ。
自由にしてくれ。
俺を自由にしてくれ。この地で迷い、足跡も残さず・・。


見知らぬ地の異邦人。
その地は氷と雪に閉ざされている。
この牢獄の奥に捉えられ、

故郷から遠くで消息を絶って・・。


100年が過ぎ、人々は再びこの地にやってきた。
謎の答えを見出す為に。
あの日に倒れた彼の体が見つかった。
時を経て保たれたそのままの姿を皆が見る。
素晴らしい新世界など在りはしない。
素晴らしい新世界など存在しないのだ。
この地で迷い、足跡も残さず・・。



その人々はどうなったのか。
皆は去り、魂は離れていった、
この牢獄に俺を残して。
そしてただ独りきり。


見知らぬ地の異邦人。
その地は氷と雪に閉ざされている。
この牢獄の奥に捉えられ、
故郷から遠くで消息を絶って・・。
ストレンジャー・イン・ア・ストレンジ・ランド。
~~~~~~~~
メイデンでも凄く好きなアルバム。ガックリした時に聞くと、ブルース・ディッキンソンの力強いヴォーカルと、スティーブ・ハリスらの奏でる勇壮な鋼鉄音と、ダイナミックな世界観により、かなり気持ちを落ちつかせてもらえる。無理に元気に、ハイになるのではなく、じっくりと心を見つめ直し、気持ちの整理をさせてもらえるような・・・、そんなアルバム・・かと。

また、近いうちに、ドッケンや、ガンズ、陰陽座の事など書きたいと思う。

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Maiden | 22:21 | トラックバック:0コメント:0
懐かしPV,Iron Maiden,Lepps
また、懐かしいプロモーションビデオを見ていたので、過去の記事アイアン・メイデンの"Wasted Years",デフ・レパードの"Foolin'"に画像を結構いっぱい(?!)追加してみた。以下のようなものを数点。よければ、上のバンド字クリックして見てくださいな~。先日と同様、懐かしかったので、飾りつけ(笑)。
Iron Maidenmaidenwy6.jpg


Def Leppardlepfoo7.jpg


Leppsの「ラヴ・バイツ」、ガンズの「スウィート・チャイルド・オヴ・マイン」は、近日中に飾る予定。メイデンの「フライト・オヴ・イカルス」も飾りたい。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Maiden | 16:23 | トラックバック:0コメント:0
懐かしPV映像,Lepps,Ratt,Dokken,Helloween
懐かしいプロモーションビデオを見ていたので、過去の記事Ratt"Helloween"Helloweenなど),Dokken("Burning Like a Flame"など)に画像を結構いっぱい(?!)追加してみた。以下のようなものを数点。よければ、上のバンド字クリックして見てくださいな~。懐かしかったので、飾りつけ(笑)。
ラットrattbd3.jpg

ハロウィンhelloween1.jpg

ドッケンdokkenburn7.jpg



あと、やはりLeppsいいなあと思いつつ、Animalも見た。懐かしい・・。飾りつけはしていないけれど、以下がアニマル画像・・あたたかな・・。
animallep.jpg



ハロウィン・・ライヴ行きたいよー!

12/8追記:本日も咳で眠れず。1日置きに咳で不眠はカナリマズイので、帰りに病院に駆け込んでみよう…(回復したらメイデンや陰陽座の事書きたい。)。そして、本日8日はラズルとダレルの命日…ご冥福をお祈り致します。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Helloween | 17:30 | トラックバック:0コメント:6
Dokken"In My Dreams":ハーモニーの美しさ・ソロの巧みさに圧倒される1曲。
dokkenimd1.jpg
ドン・ドッケン(Vo.)

dokkenimd2.jpg
ジョージ・リンチ(G.)

先週も書いた「トゥース・アンド・ネイル」から・・ではなくっ!「Under Lock and Key」より、今日は「In My Dreams」を。折角だからPVをパチリとしたものも一緒に。
コーラスパートのハーモニーの美しさに聞き惚れる名曲。そして、ジョージ・リンチのギターソロも、アルバムの他の曲ほど目立ってはいないが、泣きのメロディを巧みに奏で、様々な弾き方の出来る名ギタリストぶりをアピールしていると言えよう。前作「Breaking the Chains」のヨーロピアンムードを僅かに香らせた美しいメロディアスハードロック・・、「イン・マイ・ドリームス」、大好きです。和訳は自己流なので、下手さは毎度の如くご容赦を。

~~~~~~~~
Dokken"In My Dreams"


一晩中、シーツの上で寝返りを繰り返し、眠る事が出来ない。
夜毎に、夢の中の意味がわからなくなる。

何が言えて、何が出来るのか。
君は戻って来やしない、俺達は終わってしまったのだから。
気付くのが遅過ぎた、
君の愛が別の方を向いてしまった事に。

**
夢の中では、今でも同じだ。
君の愛は強く、まだ其処に在る。
夢の中では、今でも君は俺のそばに居る。
今まで通り、ただ其処に・・。


名を呼んでも、君は遠くへ行ってしまう。
どうか行かないでくれ。
君に会えるのを待って、堂々巡りだ、
夢の中で・・。


* 、** repeat


夢の中では、何もかも同じ。
君の愛は強く、まだ其処に在る。
夢の中では、君はいつもいてくれる。
俺の心にも夢にも。
夢の中では、君は今でも俺の傍に居る。
夢の中では、今まで通りに。
夢の中で、俺は何が言える?
In my dreams - you're still by me...



repeat chorus ** etc...

~~~~~~~~
・・・そう、本日、久しぶりにDOKKENのPVを見なおしたのだが、若いし、エネルギッシュ。パワーを感じました。あとは、やはり歌詞がメロウで、切ない・・。しかし、このPVの黒帽子・黒カウボーイ格好でドン・ドッケンに歌われると、いささか疑念が・・(笑)。近いうちに「アローン・アゲイン」も。もうドッケン・メロウメドレーって感じで・・!


咳が酷くて眠れず徹夜・・。うう、早く治って欲しいなー、風邪。昼間がボケボケしそうであやういよ。そんな朝は"Paris is Burning"で喝をいれよう・・。

うわあ・・最初”トゥース・アンド・ネイル”から・・とか書いてたし、ボケボケもいいとこだった・・。ハズカシ・・。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Dokken | 05:39 | トラックバック:1コメント:10
ハロウィン来年2~3月来日公演!
ハロウィンが来年2~3月来日!ゲストはprimal fear。情報ソースはこちら

2006/2/24(金)広島 広島CLUB QUATTRO
2006/2/26(日)大阪 ZEPP OSAKA
2006/2/27(月)福岡 ZEPP FUKUOKA
2006/3/1(水)東京 ZEPP TOKYO
2006/3/3(金)名古屋 ZEPP NAGOYA
2006/3/5(日)川崎 CLUB CITTA'

だそうな。
わー!『守護神伝-新章-』しっかり聴いて、行きたいなあ!行けるとしても、これだと日曜・・かなあ・・。ともかくも、最近ライヴめっきり行って無いんで、今度こそ行くぞ!!と意気込む。helloween3.jpg
写真は、守護神伝1章のハロウィンのPVより。





テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Helloween | 23:08 | トラックバック:0コメント:0
Def Leppard"Paper Sun":ロック界に君臨した王者の誇るべきエピック。
Pyromania, Hysteria,の「ia」韻で終わる系統の、Def Leppardの99年頃のアルバム「Euphoria」。アドレナライズ、スラングとは違う重みがあった。ヘヴィ・メタルのヘヴィとは違う重厚感。ロック、AORムードもありながら、確かな厚み・重み。それは歌詞にも確実に見て取れる。これまでラヴソングやロックアンセム風味のものが多かったLeppsが人生観などを深く追求したようなリリックを作り始めた。もちろん、これまでにも幾つもあったかもしれないが、アルバムの中でのパーセンテージが増えたのはこのアルバムからかと思う。特にアルバム後半は考えさせられるものが多い。"Paper Sun", "Guilty", "Kings of Oblivion", "I am Your Child".これがLeppsなのか・・?と驚きもした(そして凄く好きな曲でもある。)。サウンド面においても、"All night"は、AORかと思えるほどの大人っぽく耳障りよいものだ。いっぱい紹介したい曲ばかりなのだが、今回は1つに頑張ってしぼってみた。

~~~~~~~~
"Paper Sun" Def Leppard



思い出すのが苦痛なのか。
忘れた方が良いのか。
後悔という導火線に火を点ける時、
何を始めたか、お前はわかっているのか。



無為に生きてきた理由などない。
正当化出来るものは残されていない。
続きようがない。
この破壊された地を歩く時、
心には何も残されていない。


Chorus **
紙の太陽にお前は生きているから。
受けたダメージ全てに目を瞑り、
紙の太陽に生きる。
流れが変わるのを待ちながら、
紙の太陽に縋る。
隠れる事も、逃げる事も出来ない。
お前の夢は全て、生まれては消え去っていった。
紙の太陽に縋っていたから。




奴等が叫ぶのがまだ聞こえるか?
そして、恐怖で逃げ去りたくなるか?
お前の心の怒りとは、
父から息子へと受け継がれたものなのか?


お前自体が信じられない。
無為に生きてきたお前。
お前がする事を信じられない。
続きようのない事だ。
お前の存在が信じられない。
この破壊された地を歩く時に。

Chorus** repeat


お前は苦しみ方を見つけるだろう。
そして他の誰とも違うように、
お前は炎をかき立てる。

*、**repeat

~~~~~~~~

重い意味を内包する1曲。バンド自体も誇れる大作と認識しているようだ。実際、聴き応え充分の名曲といえるだろう。

長い事、ドライヴ時にかけていて飽きないアルバム。ユーフォリア。こうして室内でのんびり聴くのもいいものかな・・と思う。


余談だが、風邪完治は1日にしてならず。咳が止まらんのがキツいや。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Lepps | 16:35 | トラックバック:0コメント:2
無双でメタル。
イヤな咳が止まる様子を見せず、微熱も出てきた。しかし、明日も朝早くに出かけなければならんし、来週平日はタイトなスケジュール入っているし、悪化する前に治さないとな。大喬に名医を呼んで欲しい所であるよ。


無双といえば、ロンゲの猛者が多いな。メタラーっぽくないか?スラッシャーというか。そういった見た目の人々を集めてスラッシュメタルバンド、または、70年代風ハードロックバンド組ませたら面白いような気がした。

周ユ(Vo)
夏侯惇(G)
諸葛亮(Key)
関羽(D)
張角(B)


(髪を後で束ねている人は除く。)ほらね、なんとなく無双版ブラック・サバスとか、ディープ・パープルとか言っても可笑しくないよねえ。スラッシュと考えると、アンスラックスやメタリカでもいいか!


髪を束ねている人も入れると、別な感じになるかな。張角を外して、

周ユ(Vo)
夏侯惇(B)
関羽(D)
曹ヒ(G)
趙雲(G)
諸葛亮(Key)

もイケテイル。関羽と夏侯惇のリズム隊は仲良くしてもらわないと、困りますが。メイデンのスティーヴ・ハリスのように、メンバー・チェンジをバシバシしそうな夏侯惇が想像できなくも無い。



ポニーテール組でもポニーテールバンドを作れないだろうか・・。グランド・ファンクのWe are the American Bandのように、We are the Pony-tale Band!

張コウ(Vo)
孫策(G)
凌統(B)
呂蒙(D)
姜維(Key)


姜維の技量は諸葛亮譲りの素晴らしさってことで。「楽しもうぜ」な孫策には暴走しないで頂かなければ・・と、ハラハラしそうな。凌統や呂蒙のリズム隊かもしれんね。ムードとしてはLAメタルか・・?



例えば、こーんな感じで(笑)。dokkenJGL3.jpg

写真は、DOKKENのPV「Just got Lucky」より。いえいえ、ジョークです・・。けど、Voのドン・ドッケンは右目(ちょっと細い方)の目つきのみがちょっとソウヒっぽくないかなあ。
dokkenJGL1.jpg



微熱で、どうも頭が沸きあがったようです。スミマセン。
周泰と左慈のユニーク武器がとれないよ・・。短時間で数百人って無理だ・・!

テーマ:真三国無双4 - ジャンル:ゲーム

| 無双の事など | 20:11 | トラックバック:0コメント:2
ダ・ヴィンチ・コードは楽しかった。
読みたい本の話を昨日書いたが、最近読んだ本といえば、「ダ・ヴィンチ・コード」!楽しかった。芸術・宗教・歴史・思想・・様々な内容が盛りこまれたミステリー(サスペンスというのかな)で、展開も早く読みやすい。映画はどんな感じなのかな。本を読むだけでも、映画を見ているような気分になれるのだが、映像化されたものにも興味が沸く。シラスが興味深いキャラクターでもあったかな。


あと、吉川氏の三国志は、4巻の途中まで読んだが、張コウが、あっさり亡くなってしまうので、そうなのか・・?!と、少々残念。二喬の出番も少しだったので、それも、非常に残念・・。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

| 本の事など | 18:29 | トラックバック:0コメント:3
読みたい本。
hon1201

12月になりました。カレンダーもあと1枚だなー!
手元にある本が、まだ読み終わってないのだけど、少しでも読書タイムを作っていきたいと思っている所。

読みかけは京極夏彦氏の「絡新婦の理」(写真右手前)。そして「塗仏の宴」も手元にお借りしているので、これも読みたい。
さらに、小野不由美氏の「屍鬼」(写真右奥)もお借りしていて、もう少しのところ。
御厚意でお借りしてばかりで、申し訳ない。でも、読書は本当に楽しい。…だからとても嬉しく、読みたい本を貸して下さる方々に感謝の想いは尽きない。


さらに、家にある吉川氏の「三国志」(写真一番上)も読みかけている、でも、これは手早く読めそうな予感。ゲームで初めて知った世界なのだが、より人間くささや臨場感があったり、流石戦乱の時代だなあ・・と驚いてしまうほどの残酷さがアッサリ描かれていたりで、興味深い。呂布がとても人間らしく、イメージが少し変わったかな。チョウ蝉が痛々しい。・・・真三国無双4はチョウ蝉伝のエンディングで涙腺緩みそうだった・・。うう。


もう1つ、気になっているのが、グレッグ・イーガンの「万物理論」。友人が読んだとのことで、かなり興味がある。「宇宙喪失」や短編集から入った方が良いのかな。しかも、量子力学とか入ってる内容なのか・・?まずい、忘れたどころか、昔からクラクラふらつく分野。読むとしたら、基礎を思いださないとまずいのか・・。で、本棚から取り出したのが、一番とっつきやすそうなブルーバックス「ブラックホール物理学」や宝島別冊「宇宙論が楽しくなる本」(写真左)。古いけど、パラッと読んどいた方がいいのかなあ・・。(ブラックホール~の方は以前読んで面白かった、自分にはやはり難しいけど。)
ともかく、錆び付いた頭をなんとかしとかなきゃ、きっとグレッグ・イーガン読めないよ、自分・・。



あと、今日が、飯田先生の最終回。夜10時台は、NHK教育TV「知るを楽しむ」、を満喫しようっと。

テーマ:読みたい本 - ジャンル:本・雑誌

| 本の事など | 03:37 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

フリーエリア

にほんブログ村 音楽ブログへクリックして下さると有り難いです

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

ROKI

  • Author:ROKI
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード
リンク