FC2ブログ
古めのロック(HM/HR)、社会、文化等に関するコラム。日常徒然記録(無双とか本について)もアリ。

Positive Resonance Society & Culture Colums

Bon Jovi"In these Arms"
先日、サントリー缶チューハイ -196℃ のCMでBON JOVI の You Give Love A Bad Name が使われていたのを見ました、カバーだったけれどねー。女性の声でしたねー☆(サントリーのカスタマーサービスに問い合わせた方の情報によりますと(みくしの方より情報お借りしてます)、歌っているのは2人の日本人女性で、一人が小坂水澄(こさか みすみ)さん、もう一人が重住(しげずみ)ひろこさんというシンガーだとのこと。)

さて、そんなこんなで、Bon Jovi...! ほら、来日ですからね!Bon Jovi!今回は、リクエストにお答えしてみました。Bon Jovi"In these Arms"
・・・だが・・・、な、なんと、また聴いた事がないという情けなさなんですが・・。これも、聴いた事が無いばかりでは、申し訳ないので、どんなアルバムにあったか位は調べてみましたよー(←そんだけかいっ!)「Keep the Faith」にあったんですね!・・しかし、ベストにはないと?・・んー、今度レンタルレンタル☆


和訳はかなり、無理やりな意訳部分もありますが、あっそー・・って感じでスルーお願いいたします。
~~~~~~~~~~~

Bon Jovi"In these Arms"

君は身を任せたいんだね、
この瞳に映って。
炎で燃え滾る瞳さ、
時の終わりまでね。
今夜、この腕の中に、君を手に入れられるなら、
何でもするさ、
懇願してもいい、盗んでもいい、いや、命も捧げようか。
Baby バラのような君が欲しい・・。
滴る雨を求めるバラのような君が・・。
わかるよね、君が要るんだよ。
痛みが要るという詩人のような君が・・。
俺は何でもあげるから、
俺の血も、愛も、いや人生もさ・・。



*Chorus
      今夜、この腕の中に、君がいてくれるのなら、
      君を抱きしめられるのに・・。
      君が欲しくて、
      跪くだろうよ・・。
      そして、全て上手くいかせるさ。


**Chorus
      この腕の中に、君がいてくれるなら、
      君を愛し、
      君を喜ばせ、
      君を放しやしないって、告げるだろうよ・・。

           そして、君を、時の終わりまで愛するよ、
           もし、今夜、この腕の中に、君がいてくれるなら・・。


太陽を見つめ、
約束したね。
この世界の何者にも絶対にあざむかれないという約束を。
これが俺達の言葉だった。
俺達の言葉は歌だったし、
俺達の歌は祈りだし。
この祈りは俺を強くし続けてくれる。
そして、今も信じてるんだ。

もし、君が、この腕の中にいてくれれば・・・。

*、**chorus repeat

君の服は、俺達の部屋中にばら撒かれたままで。
この古い場所は、君の安っぽい香水みたいな薫りがしたままで。
全てが、君を思い出させるんだ。
俺がし得なかった事・・、何も残っていなくても・・。


これは俺達の言葉だった。
俺を強く支えてくれるんだ、baby.
君を抱きしめたかった。
君が欲しかった。
君に跪き、全てを上手くいかせたかったんだ。


**chorus repeat


君が今夜この腕の中に、いてくれるのなら、
君を今夜、この腕の中に、抱きしめられるなら、
雨を求めるバラのような君を、
変化を求める季節のような君を、
痛みを求める詩人のような君を、
俺は、今夜、この腕の中に、君が欲しいんだ・・。


~~~~~~~~~~~

素敵な歌詞ですね・・。情熱的。
歌詞、和訳しながら、なぜかTime of the Oath聴いてました♪
ハロウィンいいねー!!

この前買ったロバート・プラントのNow and Zenは、え!?これ、ほんとにプラントさんなの!?ってくらい、ポップで聴きやすかったです・・。AOR???いい感じです。





音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:ハードロック - ジャンル:音楽

| Bon Jovi | 11:18 | トラックバック:0コメント:2
Bon Jovi"Born to be my Baby":人生を考えさせられる歌詞。
こちらもリクでした。Bon Jovi"Born to be my Baby"、いつもどおり荒っぽいのですが、やってみました。以前、真ん中辺の歌詞が気に入って和訳やっていたので、それに付け足す感じで最初と途中をやった形です。ちょっと和訳の雰囲気が今と1年ほど前では変わってしまっているかなあ・・。

もう、有名なバンドの有名な曲だから、どうのこうの書く必要なしって感じでしょう・・!この曲は、凄く好きなので、なにせ、着メロですし(笑)。大事な方からのメール着信音は、ずっとこれかなあ・・。わかりやすい!!



Bon Joviは、ファンの方が多くおられるでしょうから、もう、「こんな訳じゃないよ!!」と思われること必至なのですが、どうぞ、自己流・亜流・勝手意訳ということで、スルーしてやってください・・。下手なので・・。すみませぬ・・。


~~~~~~~~~~

Born to be my Baby / Bon Jovi



雨の夜か・・。
俺達は一日中働いていたのにな。
支払いの為に、俺たちは二人とも働いてる。
人に奪われないものが、俺達にはあるよな。
    俺達の愛。 俺達の人生。



ドアを閉めて、冷えきった外界に別れを告げよう。
お前の傍に居られさえすれば、
俺は何も要らない。
絶対に潰えないものが、俺達にはあるよな。
   俺達の夢。 俺達の誇り。




俺の心臓はドラムの様に激しく脈うつ(一晩中)。
肉体と肉体が対峙する、一対一で(それでいい)。
絶対、手放しやしないぜ。
心の奥深くに確固たるものがあるのだから。




**(Chorus)
      お前は俺に愛されるために生まれた。
      俺は、お前と1つになるのが定めだ。



信じない理由など無い。
例え、自分達の居場所が判らなくなったとしてもだ。

神のみが、理由を知っている。
そして、神の決めた運命でもあると、俺は信じている。



      なぜなら、
      お前は俺に愛されるために生まれたのだから。
      そして、俺は、お前と1つになるのが定め・・。




キャンドルに火を灯し、世界を吹き消そう。
TV台に二人用のテーブル。
極上ってわけじゃないが、それでいいさ。
    俺達の時間。 俺達のやり方。


だから、強く抱きしめてくれ。
しっかりと離れずに。
ベルトを締めて、悪い道を進むから。
俺たちは人生の道を旅していく二人の若者か・・。
   俺達の世界。 俺達の戦い。


よりそって立っているのなら(一晩中)。
掴めるチャンスはあるんだよ(それでいい)。

         俺が死ぬ日まで、
         お前は、ずっと、
         俺の心の中で、
         生き続ける。
  


**, *, *(Chorus repeat)


You were born to be my baby,
and baby, I was made to be Your man.

~~~~~~~~~~

かなり、勝手な意訳多めなのだけれど、どうか、お許しくだされ・・。
なんとなく、身につまされる、妙に人生って厳しいんだけど、頑張っていかないとな・・とか、そんな事を思わせる歌詞だったりします。もうすぐ来日なんですよね、ボン・ジョヴィ。コンサート行かれる方多いんだろうなー!!(自分は行かれないけれど・・うぅぅ。)


近いうちにシンデレラ和訳をやれたらいいなあ・・。



音楽ブログランキングに参加してます~、よろしければ、以下バナーをクリックしていただけますと、嬉しく存じます。
にほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Bon Jovi | 21:59 | トラックバック:0コメント:9
Bon Jovi"Only Lonely":初期の名曲としてお勧め。
Bon Joviは、秋口にプロモ来日とかで話題になってましたよね。新アルバムとかも。
ちょっと昔の曲に似てるとか勝手に思ったりもしたシングル曲?だったりもしましたが。

凄く好きとかとまではいかないのだが、ヒットしていたし、過去から気になる存在のBon Jovi。マジメに購入したのは2ndの"7800 ファーレンハイト"だった。このアルバムは、派手では無いが、ジックリと聴かせてくれる名曲が揃っていると思う。In and Out of Love, Price of Love, Tokyo Road。聴き易く、馴染み易い曲が多い。その中でもソロが比較的なんとかなるかな・・と(←結局は全然無理だったんだが・・涙)10代の頃、ライヴでコピーしたのが今日書くOnly Lonely。当時は歌詞とか全く考えず、ギターに専念していたし、今聴いてもコーラスパートとかしか歌えない情けなさ。歌詞は、Bon Joviらしいラヴソング。こってりしすぎずに、なかなか良い感じかと。自分勝手和訳をまた、紹介。ご容赦下され。

~~~~~~~~
Bon Jovi"Only Lonely"

また長く眠れぬ夜だ。
お前は強く抱き締めてくれる誰かを求めている。
いつか、愛が良い物ではなく間違った物に感じられるのではあるまいか。


また長く無意味な闘いが、
お前の知る全てとなり、どれも同じようになりもした。
誰も責められる者はいやしない。
このマスクの裏には何があるのか。
どうしたらこの敗北に勝てるのか。

*chorus 1
    興じるゲーム、語る言葉。
    切り刻まれた傷は深まる。

    お前の後ろに残されたのはそれだけ。
    もしくは、いつか愛がお前をみつけるか・・。


Only Lonely お前を傷つけざるを得ない俺。
Only Lonely どれほどの痛みがあるのか・・。

いつ止まれば良いのか、いつ行けばいいのか、
時折判らなくなる。
そう、時折、はっきりするのが怖くなるんだ。
此方にはもう無い、奪われたキス。
それがお前の顔から微笑を消し去る。

そしてそんな感覚に囚われる時、
どうにもならない、手放してしまいたくなる。

*chorus 1 repeat

*chorus 2
Only Lonely お前を傷つけざるを得ない俺。
Only Lonely 俺はお前を愛し続ける。
Only Lonely  だから言ってくれ、
         心が崩れる前に、
         どれほどの痛みがあるのか・・。


時限爆弾が、俺の脳内で音を立てる。
彼女が、そのまま吹飛ぶんじゃないかと思う。
どうしたら、逃げろと言えるのか・・。
手放したくない時に・・!



Guitar Solo


*chorus 1,2 repeat


~~~~~~~~
Bon Joviは3rdのヒット曲が有名だし、そのあたりでブレイクしたのだろうけれど。
自分としては、ホント、地味ながら2ndがお気に入り。冬場に聴きたいアルバムかな。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| Bon Jovi | 08:50 | トラックバック:0コメント:0
ハロウィンの月到来
20051001195106
指先にトンボが止まった!
そーっとシャッターボタンを押してみたら…、撮れた~。小さな幸せって感じっすよ!

過ごしよい10月。スポーツの秋っすね、住み拠の近隣は毎週末、運動会が行われ、活気溢れております。ベイ・シティ・ローラーズが聞こえてくるのには、驚きだったが(物心つくかつかないかの頃に、親に布教されたものだからなー(笑))。

昨夜、ボン・ジョヴィの7800ファーレンハイトとオジーのベストを聴きながら寝たら、不思議な夢を見た。「7800ファーレンハイト」は地味ながら名曲が結構入っていて好きだな。「In and Out of Love」「Price of Love」「Only Lonely」「Tokyo Road」あたり。


ともかく、10月はハロウィンのある月。一人勝手に、ハロウィンプッシュ月間…な気分。「イーグル・フライ・フリー」とか聴きたくなる!

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Bon Jovi | 19:51 | トラックバック:0コメント:2
Bon Joviシークレットライブ
20050913073606
Bon Joviシークレットライブの模様を、先ほど、朝、目覚ましテレビで見たので、取り急ぎモブログにて画像を~。そっか、昨日だったよなー、シークレットライブ。いいなー。

テレビの報告によると、『イッツ・マイ・ライフ(←これは結構好きだよー)』、『ウェルカム・トゥ・ウェアエバー・ユー・アー』、『ハブ・ア・ナイス・デイ』の三曲…つまり新曲含む…を演奏したそう。上の画像は新曲『ハブ・ア・ナイス・デイ』のところなんだけど、好みの感じだなあ…と思ったら、サビのあたりのムードが『イッツ・マイ・ライフ』に似てる気が…(他にもなんか似た曲があったよーな…!なんだったっけ…。)。でも、秋っぽいちょっとサミシゲなメロディを持ちながら、したたかな力強さをキープしてて、いい曲だと思いました。

久しぶりにライブやるボン・ジョビ映像見たなあ…。もうすぐハロウィンのインストア・イベントもあるし、エキサイティングな何かに触れたいから、行ってみようかなあ。し・仕事が早めに仕上がれば…(涙)!

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽

| Bon Jovi | 07:36 | トラックバック:0コメント:0
Bon Joviの2nd Best AlbumについてPart2:Hey God /Bon Jovi
あるアメリカンハードロックバンドの2nd Best AlbumについてPart2
昨日、後日紹介・・と書いたBon JoviのHey GodのChorusパートの歌詞訳を自己流ではあるが、また紹介してみようと思う。


~~~

なあ、神様、現実がどうなってるか教えてくれよ。
イイ事が全てがフイになっちまってるみたいじゃねえか?
そして、苦難ばかりが増え続けてる。
なあ、神様、アンタ、俺が叫びたくなる夜があるのを知ってるよな。
最近、俺は、アンタを信じられなくなってきてる。

アンタがどんなに忙しいかは、知ってはいるがよ、
   なあ、神様・・。
      俺の事、考えてくれる事あるのかよ・・・?

        [Hey God /Bon Joviよりサビ部分自己流訳詞]


和訳の下手さや、勝手な紹介に関しては、ご容赦願いたい。このHey God...現実の世知辛さ、苦しさを表現した歌詞だな・・と、胸にくる。この前後にエピソード的な部分があり、そこも、また、様々な人生模様・価値観・不条理さなどが語られていて、深みがあった。

繰り返すようだが、ポップなハードロックバンドという認識をしていた(また、多くのハードロックファンもそのような思いを持っていたと思われる。このバンドは、キャッチ-すぎてコマーシャルな要素が大きいと。マーケットを意識した曲作り・・と思われがちではなかろうか。少なくとも、自分はそう感じて敬遠していた・・。)ので、歌詞の深みなど、考えもしなかったが、今回のベスト盤を聴けば聴くほど、色々と新たな発見があって面白い。

欧州や英国では、恋愛ではなく、小説や歴史をモチーフとした、より難解で且つ奥深いものが、当時かなりの数あったように思える。自分は、そちらの方に傾倒してしまっていたので、彼等の歌詞に気づく事も無く、年月が経てしまった。惜しい事をした。・・・また、機会を見て、自分が最もはまっていた、英国・独逸など・・のHM.HRに関しても語っていきたい。
| Bon Jovi | 13:52 | トラックバック:0コメント:0
Bon Joviの2nd Best AlbumについてPart1:Livin' on a Prayer/Bon Jovi
某アメリカンハードロックバンドの2nd Best AlbumについてPart1
先日、Bon Jovi のTokyo Roadなる2枚目のベスト盤を聴いた(今ごろ・・という意見もありそうだが)。サブタイトルとして、ロックトラックスとなっているが、その名の通り、耳障りのよいメロディアスでキャッチ-な粒ぞろいのロックチューンが散りばめられている。自分は、1枚目のベスト盤Cross Roadは聴いていないのだが、興味が沸いた。是非、近いうちに聴いてみたい。

80年代から90年代にかけて最も華やかに活躍した(と一般的に言われる)Bon Joviであるが、積極的に聴こうと思った事は余り無かった。比較的英国または独逸重低音の方を、当時は好んで聴いていたので、どこかで、このヒットチューン連発のバンドに、ジェラシーを覚えていたのかもしれない。子供っぽかったと、今は恥ずかしく思う。唯一、まともに聴いていたのは、1st, 2nd位で。このベスト盤の中にも、シングルチャート1位の数曲は、耳に覚えているものが入っていたとはいえ、やはり、あまりこのバンドのことを知らないな・・と、無知を認識する。

去年、若い大事な友人二名に、Livin' on a Prayerを唄う機会を頂いた事がある。聴いた事はあるが、よくは知らない・・のに、恥を忍んで、声に出させていただいた。その時も、物語調の歌詞が変わっているな・・と、思ったのだが、今回このbest albumを聴いて再認識した。折角なので、その歌詞を一部紹介したいと思う。著作権的に、いまひとつ良いことではないかもしれないが、自分の意訳であり、個人的な日記紹介でもあるので、許されたし。


***
Livin' on a Prayer/Bon Jovi

昔、それほど遠く無い頃ではあるが、
トミーは港で働いていた。
組合がストを起こし、彼は職を失う・・随分辛い事だろう。
ジーナは1日中、食堂で働いている。
彼の為に働き、給料を全て彼と住む家に持ちかえる。
愛の為に、そう、愛の為に。


彼女は言う:
  ※私達は自分達の今有るものに縋る位しか出来ないわ。
    だって、大して変わりはしないもの。
    うまくいっても、いかなくてもね。
    私達にはお互いが居るわ。それで充分でしょう。
    愛の為に、そう、私達はやるだけの事をしてみましょうよ。

  私達は、進むべき道の、真中まで来たわ。
    祈りながら生きてる。
    私の手を取って。きっとうまくいくと、誓うわ。
    そう、・・祈りながら生きてる。


トミーはギターを手に取った。
しかし、かつてのように上手く奏でる事が、今は難しい。
・・随分辛い事だろう。
ジーナは逃避を夢見る。
夜、彼女が泣く時に、
トミーは囁く。
ベイビー、大丈夫、いつかは・・と。

※repeat

We're half way there
Livin' on a prayer
Take my hand and we'll make it-I swear
Livin' on a prayer

***

しかし、自分よりも10歳近く若い友人達が、何故この曲を知っていたのが、いまだに謎なのだ。1986~87年(位だと思う)リリースのこの曲・・子供達にも知られていたという事実に驚く。

今回、このベスト盤を聴いて、興味深い歌詞がいくつかあったので、折りを見て、また紹介していきたいと思う。一番惹かれたのは、Hey Godという曲の歌詞だった。現実の世知辛さを唄ったこの曲のコーラスは、胸の奥を穿つ。また、後日。
| Bon Jovi | 13:49 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

フリーエリア

にほんブログ村 音楽ブログへクリックして下さると有り難いです

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

ROKI

  • Author:ROKI
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード
リンク