FC2ブログ
古めのロック(HM/HR)、社会、文化等に関するコラム。日常徒然記録(無双とか本について)もアリ。

Positive Resonance Society & Culture Colums

ダ・ヴィンチ・コードは楽しかった。
読みたい本の話を昨日書いたが、最近読んだ本といえば、「ダ・ヴィンチ・コード」!楽しかった。芸術・宗教・歴史・思想・・様々な内容が盛りこまれたミステリー(サスペンスというのかな)で、展開も早く読みやすい。映画はどんな感じなのかな。本を読むだけでも、映画を見ているような気分になれるのだが、映像化されたものにも興味が沸く。シラスが興味深いキャラクターでもあったかな。


あと、吉川氏の三国志は、4巻の途中まで読んだが、張コウが、あっさり亡くなってしまうので、そうなのか・・?!と、少々残念。二喬の出番も少しだったので、それも、非常に残念・・。
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

| 本の事など | 18:29 | トラックバック:0コメント:3
読みたい本。
hon1201

12月になりました。カレンダーもあと1枚だなー!
手元にある本が、まだ読み終わってないのだけど、少しでも読書タイムを作っていきたいと思っている所。

読みかけは京極夏彦氏の「絡新婦の理」(写真右手前)。そして「塗仏の宴」も手元にお借りしているので、これも読みたい。
さらに、小野不由美氏の「屍鬼」(写真右奥)もお借りしていて、もう少しのところ。
御厚意でお借りしてばかりで、申し訳ない。でも、読書は本当に楽しい。…だからとても嬉しく、読みたい本を貸して下さる方々に感謝の想いは尽きない。


さらに、家にある吉川氏の「三国志」(写真一番上)も読みかけている、でも、これは手早く読めそうな予感。ゲームで初めて知った世界なのだが、より人間くささや臨場感があったり、流石戦乱の時代だなあ・・と驚いてしまうほどの残酷さがアッサリ描かれていたりで、興味深い。呂布がとても人間らしく、イメージが少し変わったかな。チョウ蝉が痛々しい。・・・真三国無双4はチョウ蝉伝のエンディングで涙腺緩みそうだった・・。うう。


もう1つ、気になっているのが、グレッグ・イーガンの「万物理論」。友人が読んだとのことで、かなり興味がある。「宇宙喪失」や短編集から入った方が良いのかな。しかも、量子力学とか入ってる内容なのか・・?まずい、忘れたどころか、昔からクラクラふらつく分野。読むとしたら、基礎を思いださないとまずいのか・・。で、本棚から取り出したのが、一番とっつきやすそうなブルーバックス「ブラックホール物理学」や宝島別冊「宇宙論が楽しくなる本」(写真左)。古いけど、パラッと読んどいた方がいいのかなあ・・。(ブラックホール~の方は以前読んで面白かった、自分にはやはり難しいけど。)
ともかく、錆び付いた頭をなんとかしとかなきゃ、きっとグレッグ・イーガン読めないよ、自分・・。



あと、今日が、飯田先生の最終回。夜10時台は、NHK教育TV「知るを楽しむ」、を満喫しようっと。

テーマ:読みたい本 - ジャンル:本・雑誌

| 本の事など | 03:37 | トラックバック:0コメント:0
知るを楽しむ。期待大。
kazoekata

写真の上二冊は夏の終わりに購入した、飯田朝子先生の『数え方の辞典』(左:小学館)と
『数え方でみがく日本語』(右:筑摩書房)。
『数え方の辞典』はベストセラーでもあり、多くの方々がご存知と思うが、『数え方でみがく日本語』は飯田先生の久しぶりの新刊だ。こちらは飯田先生がイラストも御自身で書いておられて、それも内容理解を助けてくれる。キャラクター・イットウ君が、可愛らしいのだ。”世界のことばの数え方”や”数え方で知る昔の暮らし”などなど、興味をひかれる章がいっぱいだ。読み始めてみると、数え方の奥深さや魅力に、はまる。かなりダラシナイ日本語を使ってきた自分にとっては、勉強になり、今後の人生に確実に役に立つ1冊だと思い、買ってよかった・・と、実感している。


そして!本日10日の午後10時25分~午後10時50分のNHK教育TVにて、上記飯田朝子先生の「知るを楽しむ」という番組がある。もちろん、数え方に関するお話であろう・・。非常に楽しみだ。期待大なのだ・・!今から、かなりわくわくしている。4回の放送だそうなので、今回みはぐっても、是非、次の回に見ていただきたい。



写真下(右)にあるのは、友人から借りた京極夏彦氏の小説『鉄鼠の檻』いつもの事だが、厚い・・!だが、面白いから、どんどん読めてしまうのが京極夏彦氏の小説の魅力だろうなーと。読み終えたのでお返しし、今は別の2冊を借りている。



さらに、写真下(左)にチラリと見えているのは、1993年のメタル雑誌。なんとなく、引っ張り出して見ていたりする。毎回買っていたわけではなく、自分の好きなバンドが載っている時のみ・・の購入だったはず。この号は、そういったバンドが幾つもあったからなんだなあ・・と、しみじみ思った。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

| 本の事など | 21:17 | トラックバック:0コメント:0
ダヴィンチ展
20051012223010
連休は充実しておりました。六本木ヒルズに、激・久しぶりに行って、ダヴィンチ展を楽しんだのも、この連休の充実生活のひとつ。他にも、余りに満喫しすぎてしまったんですが。

実体験できるようなゾーンもあって、水の作り出す造詣の美しさにホレボレしたり、反転文字におののいたり、天才ってこういう人なんだなあと眩暈を覚えたり。本物の遺稿の展示は・・、なぜにあっというまにライトが消されてしまうのか、多少困ったりもあったのだが、どんどん列を進ませるには良い方法なんだろうなあ・・などと考えながら、ワラワラと進みました・・。雨の夕方でも、ダヴィンチ展に来る方々は多かったし、かなり混雑してはいました。ご一緒して下さった心優しき方に感謝しきり。


ダヴィンチ展に行く前に読むべきだったのが、友人から借りたこのダヴィンチコード。結構たくさんの本を借りたり買ったりなので、秋の夜長の読書タイムが充実しまくり。ラッキー。・・・だが、ゲームも久しぶりに買いたくなったり(コーエイさんのゲームはヤハリ良いね!)、はまりそうな趣味の世界が広がるかも。


BGMは勿論ハードロック。今宵はガルネリウスかマシンガンズでいきましょうか。

テーマ:展覧会案内 - ジャンル:学問・文化・芸術

| 本の事など | 22:30 | トラックバック:0コメント:2
狂骨の夢を読み終えました。
インドアーな週末ゆえ、読書しとりました。昨日も書いたけれど、手元の『狂骨の夢』を読み終えました。いやー、前作も面白かったけれど、こちらは、もっとのめりこみ易かった。複雑さは前作の方が多かったかな、けれど、やはり深いし、最後の怒涛の展開には驚かされます。いつものメンバーの小気味よい会話も楽しいし、毎回女性2名ほどを上手に配置していく小説の流れも読み易くて、しかも様々な分野からの引用が飽きさせずに、逆にストーリーに読者を引きこんでいくというか。フロイト・ユングの~と言いながらも夢の真実をつまびらかにしていく話の持っていき方も圧巻だった。しかし、ユングとかって、学生時代を思い出したりして懐かしい。BGMはなんとなく、フェア・ウォーニングやロイヤル・ハントあたりを推薦したい(笑)。
『鉄鼠の檻』を今日から読もうと思う。あと、以前読んだ『1812初版グリム童話』の上下巻が本棚で目についたので、これも読み返したいな、近いうちに。

テーマ:京極夏彦 - ジャンル:小説・文学

| 本の事など | 11:46 | トラックバック:0コメント:0
雨の週末
20050924133607
雨です。予定が狂います…、ガクリ。インドアーな週末かあ、買ったり借りたりした本を読もうかな。飯田朝子先生の『数え方の辞典』(小学館)と『数え方でみがく日本語』(筑摩書房)を先日買い、京極夏彦氏の小説『鉄鼠の檻』と『狂骨の夢』を借りたので。

頂き物の、世界のお菓子詰め合わせに『ツーレカキア・スミルニスTsourekakia Smyrnis』というのがあった。ギリシャのお菓子だそうだ。初めて口にしたのだが、非常に美味。小袋(写真上)に「ギリシャでは復活祭(ツーレカキア)の時に食べられています。」とある。行った事ないけど、憧れはあるギリシャだったので、なんともいえず感慨深い。同じ包みに入っていたドイツの『ホーニッヒ・クーヘン』も、また凄く美味だった。(写真の茶色のお菓子は『クラバット』、後ほど頂こう…)
あまり甘味は食べないのだが、ここのところ、1番惚れ込んだ和洋折衷菓子(白いカステラと餡と酒粕の織り成すハーモニーが素晴らしい、写真の箱)も頂けたりで、週末の悪天候でガクリな気分を吹き飛ばす位、有難くほっとできたりする。新しいライターも好きな色で和めたり、ほっと…。

ほっとするというと、最近テレビで見掛ける江原啓之氏…雰囲気と口調が癒し系というか…。なんか彼を見ていると暖かい感じがしてほっとします。本の広告を見たから、今度読もうかな。

そーんな雨の週末。

テーマ:今読んでいる本 - ジャンル:本・雑誌

| 本の事など | 13:36 | トラックバック:0コメント:0
ダビンチコード?
20050917051203
『モウリョウの匣』を読み終えて、面白かったよ…!と、友に返すと、京極夏彦シリーズの次のものと共に、『ダビンチコード』なる本も貸してくれるという。ジェットコースター的に話が進み、自分の好みでは…とのオススメの逸品。涼しい秋の夜には良さそうだ。非常に楽しみ。

写真は、上記の通り、最近涼しい秋の空…徹夜や睡眠不足続きで、へろへろの朝、家を出て歩いていた時に、爽やか~などと感じて、撮ったもの。ちょっと空が狭いのは残念だけど、高くて水色で、綺麗なので。

今日は、ハロウィンのインストアイベント見に行けるかなあ?腹にくる風邪がまわりまわって自分にやってきた風味なのが、ひっじょーに嫌なムードをかもしだしているのだが…あやうい…。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

| 本の事など | 05:12 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

フリーエリア

にほんブログ村 音楽ブログへクリックして下さると有り難いです

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

月別アーカイブ
最近のトラックバック
プロフィール

ROKI

  • Author:ROKI
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード
リンク